無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

パソコン・インターネット

February 23, 2022

2月23日(水)文春デジタルで『性と宗教』をめぐって話をした

昨日の夜は、文藝春秋デジタルで、『性と宗教』の本をめぐって話をした。

タイトルは「高齢者こそ欲望を語れ 人生100年時代の『性と宗教』」というもの。相手は、日本思想史の研究者、先崎彰容さん。先崎さんは、これまでも何度かこの番組で司会をされているようで、とてもスムーズに話は進んだ。

Fmmyb0oaqamnhz4

ただ、途中、機器のトラブルが生じ、20分ほど中断。その間も先崎さんとは雑談していたので、こちらはどうということもないが、スタッフは大変。こんなことは今までなかったということで、時間もその分伸びた。これがネット中継の難しいところか。

それにしても、性の問題。案外これが今重要なことかもしれないと改めて思った。

November 02, 2021

11月2日(火)Windows11にアップグレードした

Windows11にアップグレードできるということで、してみた。

11

動きは早くなった感じがするが、立ち上げに少し時間がかかる。

少し使い方が違うようだが、問題なくアップグレードはできた。

OSの進化が昔ほど大事件ではなくなってきた気がする。

October 13, 2021

10月13日(水)赤羽台のINIADで放送大学のために坂村健氏と対談する

昨日は、赤羽台にある東洋大学のINIADに行った。

Sdim3412

近未来大学のおもむき。目的は放送大学の授業番組の収録。ゲスト講師で、坂村健氏と対談するため。

Sdim3403

最初は、坂村氏のトークで、その後対談をした。1989年にも、私がいた放送教育開発センターで制作した「トロンを語る」で対談している。それを踏まえ、この間のデジタル技術の進展や社会への影響について語る。これが来年開講される「日常生活のデジタルメディア」のなかで紹介される。

INIADのことは、坂村氏からうかがっていたが、まったく紙が使われていない近未来の大学。「トロン大学」ということだろう。いろいろ見学もできて面白かった。

 

May 07, 2021

5月7日(金)シグマをはじめてウェッブカメラとして使ってみた

顔面神経麻痺の方は、だいぶ治ってきた。今日、鍼灸院にいったら、6割回復しているという見立て。あまり気にならなくなってきた。

先々週は、そんなわけで大学の講義をしなかったが、昨日はそれを再開した。

Dsc_0885

ちょうど麻痺になった日に購入したシグマのfpLがウェッブカメラになるので、それをはじめてつかってみる。

Zoomで講義は収録。使い勝手は悪くない。画質もPC内蔵のカメラとは比較にならない。あとはマイクか。

別に大学がそのための費用を負担してくれるわけではないのだが、ほかにもリモートの用はあるだろう。

April 14, 2021

4月14日(水)オンラインサロンに潜入して記事を書き「ポリタス」で創価学会と比較する

昨日発売になった「フラッシュ」にオンラインサロンの潜入記事を書いた。

Sdim1829

オンラインなので潜入も簡単だが、いろいろと面白い発見があった。

2

ちょうど、昨日の夜は7時から、津田大介さんのポリタスに出演し、創価学会について語ったのだが、最後にオンラインサロンの話になった。カリスマとコミュニティというところでは、新宗教とオンラインサロンには共通性がある。

一番視聴者が多く、しかも番組が進んでも、数が減らなかったというから、興味を持たれたのだろう。

 

March 13, 2021

3月12日(金)オンラインでのオーディオ哲学宗教談義とやはりオンラインでのNHKカルチャーセンターの講義

去年の1月にやっていらい延期になっている「オーディオ哲学宗教談義」。このままではできないということで、オンラインでやってみることになった。昨日はその収録。サウンドクレイエイトで、3時間くらいかけて行った。難しいのは照明で、最初そのセッティングに時間がかかった。

3回に分けて話をする。ライブとは違い、著作権の問題もあって、音楽はかけられない。ただ、合間にかけてみたのが、ラッセル・マローンのギター。

81wl5r2ufkl_ac_sl1329_

原音再生がシリーズテーマなので、このアルバムにはいっているギターとベースのデュオは迫力がある。

終わってから、自宅でオンライン講義があるので、急いで帰る。ところが、小田急線人身事故で止まってしまった。どうしようかと悩んでいたら、経堂までは行くということで、なんとか家に帰りつく。

NHK文化センターの講座で、五大宗教入門。時間にも間に合い、なんとかやり終えた。

 

March 07, 2021

3月7日(日)休日の一家の楽しみはキーボードの掃除

日曜日のお楽しみは、キーボードの掃除。

20210307-165258

使っているものは、東プレのリアルフォース。勧められて、だいぶ前に購入した。10年以上使っているかもしれない。

それが、かなり汚れた。下にほこりはたまるし、キーも汚れがついていた。押したときの感覚も鈍くなっていた。

それで、掃除。前に一度やったことがあるが、それからもだいぶ経った。妻や子供を誘ってやってみたが、みな結構この作業にはまって、なんとかきれいになった。写真に写してみると、だいぶボロになっているが、これでも、奇麗になっている。押しても、反発の仕方がよくなっている。

これで、気持ちよく仕事ができる。

暇な時のお楽しみは、キーボードの掃除。

 

 

June 22, 2020

6月22日(月)放送教育開発センターにいたころを思い出す昨今

コロナの流行(もしかしたら騒動)で、大学の授業が遠隔によるものになった。非常勤で教えている東京女子大では前期はすべてそれでやるらしい。

実は、もう一つ非常勤をしているところあるが、そちらは東京通信大学。大学は新宿のビルにあるが、授業はすべてネットを通して。したがって、コロナの影響もないようだ。授業はすでに収録してあり、それがずっと使われている。試験も、ネット。

Sdim5522

私は、1984年から90年まで、幕張にあった大学共同利用機関、放送教育開発センターで働いていた。放送大学の隣にあり、今は放送大学に吸収されてしまった。

センターは遠隔教育を研究する場で、私もそれにかかわった。今回はその経験がどこかで生きているような気もする。

当時はまだインターネットがなかったときなので、双方向の遠隔教育では、奈良のケーブルテレビを使って実験をしたことがあった。何度も奈良に通った思い出がある。

その時代、インターネットがあれば、やれたことはずいぶんと違っていただろうと、今は思う。放送大学は、放送授業と対面の面接授業の二本立てだが、今なら、ネットの生の授業も可能だ。とくに全国展開の大学なので、そうした手段は有効になったはず。

これから、新しくそうした「リモート大学」も出てくるだろう。そうなると世界にも発信できる。これはちょっとやってみたいところではあるが。

 

June 16, 2020

6月16日(火)今夜「スクー」にリモート出演する

インターネット上のカルチャーセンターのようなものかと思うが、以前「スクー」に出演したことがあった。

そのときは、宗教団体の信者、元信者に話をうかがうということで4回ほど続けてやったが、今回は1回だけ出演することになった。

テーマは、「不安や恐怖を感じたときに、なぜ人は何かにすがりたくなるのか」というもの。生放送への参加は無料で、質問もできる。

今夜8時から1時間の放送。

時節柄、Zoomによるリモートで出るが、考えてみると、生で出てもリモートで出ても、あまり変わらないような気がする。

June 11, 2020

6月11日(木)パソコンを8年ぶりに買い替えた

パソコンを買い替えた。

Sdim1273

これまで使っていたものは、8年前に買ったものだと思われる。ずいぶん古い。それに、しだいに使えないものが出てきて、ブルーレイが再生できない、Linnのソングキャストが使えない、あげくのはてにはRoonまで使えなくなってしまった。

仕方がないので、これは買い替えるしかないということになり購入。SSDなのに起動が遅いのだが、やはり新しいものはいい。

より以前の記事一覧

June 2022
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30