無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

音楽

May 30, 2024

5月30日(木)ブルーノートのジョシュア・レッドマンにはなんとベラ・フレックがゲスト出演

昨日の夜は青山のブルーノート東京へ行った。

447016759_2629708790542422_5920014280950

ジョシュア・レッドマンの、ヴォーカルを含めたクインテット。

最近出した、『ホエア・アー・ウィー』からの曲が中心だが、そこに含まれていない「ホテル・カリフォルニア」も。

このアルバム、アメリカの都市にちなんだ曲で構成されており、東京だということで、「赤とんぼ」とホレス・シルバーの「東京ブルース」も演奏された。

そこでは、次に公演が予定されているベラ・フレックがゲスト出演。これは、最終セットだけのものだったのかもしれない。というわけで、お得な90分。

ジョシュア・レッドマンは、以前、コットン・クラブで、ブラッド・メルドーとのデュオを聴いたことがあったが、今回は大熱演で楽しめた。現代最高のテナーであることを証明したステージだった。

May 07, 2024

5月7日(火)Klimax System Hubの電源をUtopikに変えて調整が加えられ素晴らしい音になった

少し前のことになるが、3月27日に、我が家のオーディオシステムの中核をなすLinnのKlimax System Hubの電源を新しいUtopikに変えた。

Sdim2663

そのとき、内部の写真を撮影したのだが、誤って削除してしまった。よって、おまけについてきたものを撮ってみた。外観は内部の変更なのでまったく変わらない。

電源を変えただけなのに、音の世界の広がりと、音の強さが一変した。

そこまではよかったのだが、デジタルの向上に比べて、アナログの方が見劣りするようになった。音楽から魂がなくなってしまったような感じになってしまったのだ。

そこで、サウンドクリエイトに相談し、調整をお願いした。これは、素人にはよく分からないところだが、電源をとる順番を変えた方がいいということで、それを変更し、さらに、LP12からHubへのLanケーブルをDeraのものに変えてもらった。

これで、アナログの方も格段に進化することとなった。音の迫力が増したことはもちろん、各変奏者の存在が、よりはっきりするようになった。その感覚をことばにするのが難しいが、たんに音がセパレートしただけではなく、変奏者個人が独立して存在するようになったとでも言うべきだろうか。

デジタルの方が音の強さ、あるいは音像の広がりは大きい気がするが、楽器の音色ということではやはりアナログがまさる。

そんなこんなで調整に時間がかかったが、これで安心。電源のとりかたでこれだけ変わるとは、実に驚きだ。

May 01, 2024

5月1日(水)ブルーノート東京の無料配信はオーケストラとモンティー・アレキサンダーの共演

昨日はインターナショナル・ジャズ・デーということで、ブルーノート東京の無料配信があった。

Bn

出演は、エリック宮城率いるブルーノート東京・オールスタ―・ジャズ・オーケストラ。それにモンティー・アレキサンダーがゲスト。

オーケストラがまず30分以上演奏して、そこからモンティー・アレキサンダーが登場した。全体に熱演で、けっきょく、1時間40分以上も演奏が続いた。これが無料で見られるのだから、お得。

しばらくの間は、見られるようだ。

 

April 14, 2024

4月14日(日)ブルーノート東京でアヴィシャイ・コーヘンのトリオを聴くがロ二・カスピのドラムスは進化していた

昨日は、さいたまのNHK文化センターで神社の歴史について講義をした。予定された内容をすべて話せなかったので、来月にまわす。

その後、銀座のサウンドクリエイトへ。最近導入したユートピック電源について相談。

日比谷公園で『資本論』を読みながら時間をつぶしたあと、表参道へ。

20240413_182933

ブルーノート東京で、アヴィシャイ・コーヘンのトリオ。

昨年2月、配信で見て気に入ったので、来てみた。すべてソウルドアウトで、追加公演まである人気。場内はいっぱいで、2階席まで入っていた。

お目当ては、23歳だか24歳の女性ドラマー、ロ二・カスピ。とてもパワフルなところは昨年と同じだが、今年はさらにメロディックな要素が加わっていて、よくなっていた。満足の公演。

少しお腹がすいていたので、経堂で魚粋。

March 08, 2024

3月8日(金)我が家の新着スピーカーのことが紹介された

我が家の新着スピーカーのことが、サウンドクリエイトのブログに掲載された。

Sg

70歳の古希を記念して、導入してみたが、これがなかなかの優れもの。

最新のシステムもいいが、昔風も悪くない。ここがオーディオの奥深いところかもしれない。

December 25, 2023

12月25日(月)クリスマス・イブは第九を楽しんだ

昨日の午後は、本八幡へ。市川文化会館で第9の演奏会。バスが妻の同級生。

20231224_123041

年末に第九というのが風物詩になっているが、実際に聴いたことがなかった。聴いてみると、たしかに年末を締めくくるにはふさわしいイベントだと感じた。オケはアマチュアだが、第3楽章になってソリストが入場すると、とたんに演奏の質が向上したのは面白かった。気合がはいったのだろう。

駅に戻り、北側にある葛飾八幡宮へ。

Sdim1541

すでに閉門していたが、立派な神社だ。駅へ戻りポエムでお茶をして、新宿で買い物をし、自宅でクリスマスイブ。

November 12, 2023

11月12日(日)ミュージックバードの寺島靖国さんの番組出演はこれが最後

今日は午後に半蔵門へ。ミュージックバードの収録。

Sdim0951

お相手は、サウンドクリエイトの竹田さん。竹田さんとは久しぶり。

ただ、来春にはミュージックバード自体が放送を辞めてしまうので、今回が私としては最後の収録。本当の最後は来週のようだ。

いつもは、話の方が多いのだが、今日は珍しく曲を掛けることが多く、私の番が4回も回ってきた。

いつからこの番組に出るようになったのか覚えていないのだが、もう何年にもなる。20回くらい出ているだろうか。竹田さんとが一番多いはずだが、他にも、いろいろな方とご一緒した。

寺島さんから教えられたことは多い。85歳で矍鑠としている。すごいことだといつも思う。

October 11, 2023

10月11日(水)オーディオ用スウィッチング・ハブを試したが完敗する

我が家のオーディオ。roonのnucleusを導入し、音が飛躍的によくなったので、次を考えてみた。

世間の評判では、スウィッチン・ハブを入れると、よいらしい。いろいろとそういう記事があがっている。

そこで、デモ機を借りることにして、試してみた。

最初はイイ感じだったが、途中から「あれれ」と思うようになり、16ビットの音源をかけてみると、これがまるでダメ。

そこからまたハイレゾ音源を試し直してみると、音楽がやせ細った感じになり、聴いていて落ち着かない。

いろいろと試してみたし、デモ機は二つあったので、両方使ってみたが、効果なし。

我が家には向かないことが判明した。デモ機は返すしかない。

期待した部分が大きかったので、残念。次はどうするか。これがなかなか難しい。

August 21, 2023

8月21日(月)昨日はジャズ喫茶ミュージックバードの収録

昨日は、急に呼ばれた、寺島靖国さんのジャズ喫茶ミュージックバードに出演した。

お相手は、山中千尋さん。新しいアルバムが出る。ただ放送は11月11日とのこと。

20230820_145826

収録の途中、山中さんが寺島さんの時計をほめたら、その場でプレゼント。寺島レコードのノベルティらしい。

この番組、いろいろと不思議なこともあるが、今回は、寺島さんの好きな範囲が非常に狭いということが判明。そこをゲストが責める形になった。

最後に山中さんの新譜がかかり、それを寺島さんが絶賛。無事にこれで番組が終わった。

August 07, 2023

8月7日(月)先週は忙しかったのでお疲れのブルーノートはエドマール・カスタネダ

先週は忙しかった。月曜日は岐阜の多治見で講演。水曜は某所の集中講義でオンライン。木曜は現地で授業。金曜は、今進めている日本史の本郷和人氏との対談。

というわけで、昨日はお疲れのブルーノート。ハープのエドマール・カスタネダの公演へ。

20230806_181913

彼のことは、2017年に出た上原ひろみとのレコードで知った。

そのときも、ブルーノートで公演があったが、売り切れで行けなかった。

今回は、コロンビア人のドラマー、ロドリゴ・ヴィジャロンとアメリカ人のトロンボーン奏者、マーシャル・ギルクスのトリオ。

ハープの超絶技法を目の当たりにしたが、いったいどうやってあんな奏法を編み出したのだろうか。それが不思議。

 

より以前の記事一覧

May 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31