無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

経済・政治・国際

October 24, 2017

10月24日(火)創価学会員の数は減っていないのに公明党はなぜ得票数を減らしたのか

台風のために遅れていた開票作業も終わり、各党の票数が出た。公明党は、比例代表において約698万票を獲得した。今回の選挙では、前回の34名を下回り、当選者は29名にとどまった。自民党とは対照的な結果に終わっている。最近の得票数は、以下のようになる。

2017 698
2014 731
2012 712
2009 805
2005 899
2003 873
2000 776

2005年の選挙では、900万票に限りなく近づいたのに、それを頂点として、今回は700万票を割ってしまった。投票率が低かったとはいえ、前回もさらに投票率が低かったことからすれば、さらに退潮していることははっきりしている。

この結果はどういう意味をもつのか。一つの考え方としては、公明党を支える創価学会の会員数が減っていることが考えられる。実際、ほかの新宗教は軒並み信者数を大きく減らしているので、創価学会が減っていても不思議ではない。ところが、前に述べたように、大阪商業大学の調査をもとにして考えると、創価学会の会員数は2000年以降、2015年まで2・2パーセント程度で変わっていない。数では280万人だ。ほかの新宗教が世代交代に失敗しているのに対して、創価学会ではそれに成功しているとみていいだろう。

信者数は減っていないのに、公明党の得票数が減っている。これは、創価学会員が、以前ほど選挙活動に熱心ではなくなったと考えるしかない。これまで、選挙活動を担ってきたのは婦人部で、最近ではそこに壮年部が加わっていたが、彼らが高齢化した。そして、下の世代は、上の世代ほどこうした活動に熱心ではない。この結果からは、そう考えられる。

となれば、これからも公明党は得票数を減らしていくことになるだろう。それに、今回も選挙区で一議席落とし、完勝でなかったことも大きい。選挙区では、ほかの政党が公明党に配慮して候補者を立てなかったにしてもである。

これからは、最近の完勝路線は通用しない。それは、選挙活動への熱意を生むことにならない。得票数が減れば、公明党の影響力も薄れるはずだ。 

October 23, 2017

10月23日(月)公明党は難しいところにさしかかっているのかもしれない

週末は選挙と台風で、ちょっとした混乱状態だったが、選挙の結果も出て、台風も関東からは去りつつある。

Sdim8461

選挙結果で注目されるのは、公明党と共産党が退潮したこと。しかもこれは、今回だけのことではなく、この二つの政党が長期低落傾向にあることを示しているように思われる。共産党の方は、党員が減っているし、赤旗の部数も減っている。これは、党大会で発表されているので間違いはない。今回候補者を絞ったのも、そうしたことが影響していることだろう。野党共闘のため候補者を立てないは、あくまでいいわけだと思う。

一方、公明党については、票がすべて確定しないと詳しく分析できないが、低投票率のなかで、29議席というのは、歴史的大敗とはいえないにしても、歴史的敗北であることはたしかだろう。要は、選挙活動に熱心な世代が高齢化し、その面での世代交代が図られていないのだと思われる。今後どうするか、難しいところにさしかかっているのではないだろうか。


October 05, 2017

10月5日(木)昨日は中田考さんとのトークイベントがあった

昨日の夜は、渋谷の「Loft9」で、中田考さんとのトークイベントに出演する。

Dsc_0097

中田さんと直接お会いするのは、昨年の夏の「ポケモンGOをめぐる世界宗教者会議」以来だろう。今回のイベントは、中田さんが太田出版から出した『帝国の復興と啓蒙の未来』をめぐってのもの。ただ、最初は、灘校1979年卒の方々と私との因縁からはなしをはじめる。

話題は多岐にわたったが、一番面白かったのは、文明論にかかわるところ。中田さんは、本のなかでトインビーにふれているが、トインビーは創価学会の池田大作氏と対談本を出している。その創価学会と佐藤優氏との関係についても話が出たし、そのなかでいちばん私が感じたのは、国境なき日本という国は、中田さんが批判する領域国家ではなく、一つの文明であり、帝国ではないのかということ。

とりあえず、話し手自身が勉強になったイベントだった。

October 03, 2017

10月3日(火)改めて創価学会をはじめとする新宗教の信者数を推計してみた

大阪商業大学JGSSセンターが行っている「「生活と意識についての国際比較調査」というものがあるが、そこではどの宗教を信じているかについてもたずねている。これまでこの調査を使ってこなかったのだが、今回本を書く都合で、改めてその数字を見ていた。

調査は、予算の関係なのか、毎年、あるいは隔年にだいたい行われているのだが、その最初のJGSS2000では、2000年に行われたことだが、創価学会の信者数は6・4パーセントという数が出ている。ただしこれは、信仰がある、あるいは家の信仰があると答えたサンプルのなかでの数字で、信仰はないと答えた人も含めて、該当者全体2100サンプルのなかでの数字を出してみると、45サンプルで、2・1パーセントという数が出てくる。

サンプル数が少ないようにも思えるが、2005年でも2・2パーセント、10年で2・2パーセント、15年で2・1パーセントとなり、それからするとかなり信頼できる数字なのではないかと思う。総人口の2・2パーセントということは、約280万人である。これが、創価学会の会員数であり、15年間で変化がないというところも注目される。

ちなみに2000年では、立正佼成会が0・1パーセント、霊友会も0・1パーセント、崇教真光・真光も0・1パーセント、天理教が0・4パーセント、真如苑が0・2パーセント、生長の家も0・2パーセントという数字が出てくる。

これが、2015年では、立正佼成会が0・2パーセント、崇教真光・真光も0・2パーセント、天理教が0・3パーセント、世界救世教、幸福の科学、真如苑、金光教、黒住教がそれぞれ0・1パーセントとなっている。これらの教団はサンプル数が2から6までなので、年によってかなり変動するようにも思われるが、全体に少ない。

September 28, 2017

9月28日(木)長井健司さんが亡くなって10年が経った

朝日新聞に長井健司さんの妹さんが、スーチーさんに手紙を出したという記事が出ていた。

長井さんがミャンマーで取材中に殺されたのは、2007年9月27日。私は、ご本人には会ったことがないのだが、その周辺にいた人たちをよく知っていて、奪われた彼のビデオとテープを返還するよう求める署名活動に参加したことがある。

あれから10年。ミャンマーの情勢は相当に変わったが、おおもとで変わっていない部分があり、その象徴が、ビデオとテープが依然として返還されていないということではないだろうか。

長井さんが生きていたら、今年で60歳。写真のなかの彼の姿は永遠に変わらない。手紙が何らかの効果をもたらすことを祈らずにはいられない。

June 23, 2017

6月23日(金)公明党の古い体質がはからずも表に出てしまった

公明党広報がツイートした共産党批判が話題になっている。

Original

公明党と共産党は、創価学会が文化部を作って政治の世界に進出してからのライバル関係にある。ともに、都市下層階級をターゲットに選挙活動を展開するため、支持者の奪い合いになり、とくに公明党の支持基盤である創価学会が急速に伸びていた1960年代には、両者の対立はかなり激烈なものだった。

どうもその事態は、どちらの勢力にとっても、行き過ぎの状態にあったらしく、1974年には、作家の松本清張の仲介で、共産党と創価学会の間に協定が結ばれ、激しい非難合戦はしないということになった。これが「創共協定」あるいは「共創協定」になるが、創価学会が公明党に相談もせずにことを進めたため、公明党からはかなりの反発を食い、創価学会の方も、決して共産党と共闘するわけではないと発表せざるを得なくなる。

その点では、創共協定は無効になったともいえるが、現実には、それ以降、両者の非難合戦はかなり納まり、一定の効果はあったらしい。

今回は、創共協定以前に逆戻りしたような感じだが、おそらく公明党のなかに、共産党とやり合っていた時代から活動している人間がいて、その人間が、こうしたツイートをしたのではないだろうか。その点では、古い公明党、あるいは古い創価学会の体質が表に出た面がある。

公明党は、事実だとつっぱねているが、今の時代にはどうもそぐわない。それが分からない人間が広報をしているということは、ちょっと問題ではなかろうか。

February 27, 2017

2月27日(月)櫻井翔君と小川アナは「三田会婚」である

嵐の櫻井翔君と、テレ朝の小川アナの「熱愛」が報道された。桜井君は、慶應の経済学部の卒業で、幼稚舎かららしい。一方、小川アナの方は、青山学院の卒業。

ところが、桜井君の場合には弟も同じ道をたどって、慶應卒。一方、小川アナのお父さんは慶應の医学部の教授で、部長。どこから慶應なのかは不明だが、慶應医学部の卒業。

となると、桜井君とその弟は三田会で、小川アナのお父さんも三田会ということになる。お父さんとしては娘の交際相手が、三田会ということは大いに歓迎されることのはず。となると、これは結婚に至る可能性が極めて高い。

51qoqikpcyl_sx298_bo1204203200_

拙著『慶應三田会』(三修社)で述べたように、三田会のつながりは強い。これに匹敵するのは創価学会だけだ。三田会の会員同士、ないしは家族に三田会がいる者同士が結婚し、会員を再生産していく仕組みがある。帝国ホテルに行くと、そうした家族が会食している姿をよく見かける。よって、「三田会婚」というものが存在するわけである。

January 28, 2017

1月27日(土)佐藤優氏はなぜ創価学会を礼賛するのか

これは、宝島らしい本だが、『平成日本タブー大全』というものがあり、その2017年版ができた。

Sdim7501

このなかで、『宗教問題』の編集人でもある小川寛大氏が「池田大作を『悟りを得た仏』と発言 ‘知の怪物’佐藤優が『創価学会』妄信の謎」という文章を書いていて、私もそのなかでインタビューに答えている。佐藤氏が、創価学会を礼賛するような本をたくさん出していることは意外と知られていないかもしれない。その点では、興味深い記事だろう。


January 25, 2017

1月25日(水)天皇の退位をめぐる有識者会議の論点整理は出たけれど

天皇の退位の問題について、有識者会議の論点整理が発表された。一代限りの特例法が前提になっているということで、その内容に疑問も呈されている。それに関連し、私の談話が、共同通信配信で『信濃毎日新聞』に出た。

Photo

政府は、なるべく問題に深入りしないように注意しているようだが、実際に深入りすれば、議論百出で収拾がつかないことになるだろう。退位はともなく、皇位の安定的な継承ということになると、結局のところは手がないということになる。それをどうするか。退位が実現した後がむしろ問題だろう。


January 05, 2017

1月5日(木)『SAPIO』に創価学会のことを書いたが夏の都議選は波乱の予感

新聞に、総選挙のことが出ていた。結局、選挙が近いのか、遠いのかがよく分からなかったが、今解散するのは相当に難しいのではないか。逆に、難しいからこそ解散ということもありうるが。

何より問題なのは、都議会で、公明党が自民党との連立を解消したこと。これについて、いろいろ調べてみると、公明党を支持する創価学会の側では、事態を歓迎しているらしい。しかも、それで士気が上がっているとのこと。夏には都議選がある。創価学会が都議選に力を入れるのは昔からのことだが、これでいっそう力が入るのではないか。

となると、小池新党が票を集め、一方で、悪役扱いされている自民党が敗れると、自民党は都議会で野党になる。そして、小池新党と公明党、民進党が与党になるはずだ。このことが、今後の国政選挙にも多大な影響を与えることは避けられない。自民党と公明党との長く続いた連立も、あるいは解消するかもしれない。

自民党はそうなると、維新と連立を組むだろうが、維新は大阪を除いて、地盤が強くない。公明党のバックにある創価学会とは大きな違いだ。果たしてそれがどうなるのか。安倍政権もさほど安泰というわけにはいかないだろう。

1446005_p


なお、『SAPIO』の2月号に、「創価学会‘Xデー’の後」という文章を書いた。

より以前の記事一覧

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30