無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

芸能・アイドル

July 05, 2017

7月5日(水)海老蔵が戻ってきたという感覚を抱かせた昨日の七月大歌舞伎

国立劇場と歌舞伎座戸をはしごした。国立劇場は歌舞伎鑑賞教室で、演目は「一条大蔵譚」。菊之助の初演。吉右衛門監修ということで、菊之助は義父にならったのだろう。その前に「歌舞伎の見方」。解説は亀蔵。はじまったら、中学生から大きな歓声があがり、いつもとは大きく違った。菊之助は吉右衛門そっくりかと思ったが、そうでもなかった。全体に当然ながら明るい。その分、大蔵卿の鬱屈が表現できないのは仕方がないことだろうか。

歌舞伎座の方は、夜の部で「駄右衛門花御所異聞」。「秋葉権現廻船語」をもとにした通し。ほぼ新作といっていいのだろう。客席はいっぱいで、昨日以上に盛り上がっている。諸役をつとめた海老蔵は、奔放で昔に戻ったよう。考えてみれば、海老蔵襲名の時に團十郎が白血病になり休演するという事態が起こってから、いろいろなことが起こりすぎた。それは、常に不安を抱えているということに結び付いたのではないだろうか。それが、最大の悲劇によってかえって一掃されたのか、あるいは半分は舞台どころではないのか、吹っ切れたところが、本来の海老蔵らしさを出している。

Sdim8021

勸玄君、演目の途中でブログを見たら、今日は出られるかどうかのようなことがあったので心配したが、しっかりと舞台をこなし、宙乗りでも手を振る余裕を見せた。これはまずは安心。果たして最後まで行けるのか。

とにかく、どう評していいかわからない舞台だったが、「海老蔵が戻ってきた」その感覚が一番強かった。

July 03, 2017

7月3日(月)今回は特別な7月大歌舞伎の初日昼の部を見に行く

歌舞伎座の7月大歌舞伎、昼の部へ行ってきた。初日だ。

演目は、「矢の根」、「加賀鳶」、「連獅子」とおなじみのものが並ぶ。市川姓の役者が多く、成田座、あるいは海老蔵劇団の趣。いろいろな点で注目される公演で、外には中継車も来ていた。夜の部はほぼ満席らしい。今日も、かなりの入り。

最初は、右團次の「矢の根」。右團次では初めて見た。いいのはまず顔。立ち姿も悪くない。セリフはちょっと物足らない気もしたが、後半になるにつれて、お客さんのこころをつかんでいったよう。最後は拍手喝采。

Sdim8015

次は「加賀鳶」。中車の松蔵が案外いい。黙阿弥の七五調をこなしている。ほかの歌舞伎役者だと、七五調を聞かせるというところに重点が行きがちだが、その奥にあるきっぷを表現しているところがさすが。この松蔵ゆえに、海老蔵の梅吉も生きる。道玄の方は、悪人だけに海老蔵の得意とするところ。何より目をむいたところがすごい。軽妙で、その分お客さんはホッとして、とにかく応援しようという気持ちが湧いてきたようだ。

それが「連獅子」にも影響している。長唄やお囃子の連中も、いつになく気合が入っていた。巳之助の子獅子も神妙でいい。それを見つめる親獅子の真剣な顔もよかった。

とにかく、今月は特別な舞台という雰囲気がみなぎっていて、これは何とも言いようがない。


June 06, 2017

6月6日(火)6月大歌舞伎昼の部で神になった吉右衛門を見た

歌舞伎座6月大歌舞伎昼の部へ行く。

Sdim7968_2

最初の演目は、松緑と猿之助澤瀉屋の「名月八幡祭」。これは、2年前に吉右衛門で見た。猿之助は、さすがで、猿弥も、こういう役もできるようになったという感じだが、松緑と笑也がいけない。松緑は、善人だが、田舎者というところから遠いし、恨みの表現ができない。笑也は、粋という面が欠けている。

次は、「浮世風呂」。はじめて見たのかもしれない。猿之助の三助で、種之助の女なめくじ。種之助が面白いし、猿之助も軽妙だが、もう一つ本当の意味での軽さがないような気がした。

最後は、吉右衛門の「弁慶上使」。吉右衛門からだの調子がよさそうで、実の娘を、身代わりとして殺しての述懐が、キリスト教の父なる神がイエスを犠牲にしたことの意味を説いているようで、やはり人間離れしていた。これは、誰もできない。「吉野川」を思い出した。


June 03, 2017

6月3日(土)6月大歌舞伎を堪能する

昨日は、歌舞伎座の6月大歌舞伎初日夜の部へ行く。

20170602_155906

まずは、東大を退職したばかりの早野龍五さんがいたので、その写真をとって、「捕捉した」とツイートしてみた。すると、それを早野さんが発見したところも目撃。こちらを探して、お互いに手を振る。ちょっと面白かった。

演目は三つ。最初は、「鎌倉三代記」。ここのところ、駒之助師匠、吉右衛門と立て続けに聞き、見ている。今回は幸四郎。松也が三浦之助で大健闘。ちょっとこれまでとは違い、若者の一筋なところを感じさせ、これでもう少し色気が出たら、かなりのものと思わせた。時姫は、吉右衛門の時と同じ雀右衛門。今、この役ができるのは、この人しかいない。幸四郎の高綱は前半の軽いところも悪くないし、後半本性を現したところの姿かたちがいい。

次は、仁左衛門の「御所五郎蔵」。両花道で土右衛門は左團次。仁左衛門右足が調子がよくないのか、転びそうになったり、全体に体調が悪そう。その分、勢いに欠ける。ちょっとこのところ、以前ほどではないのが気になる。

最後は、「一本刀土俵入」。幸四郎の茂兵衛は、前半は、ふつうの歌舞伎役者だと結構難しい、力を抜くところがうまい。後半は、なんだか「ラマンチャの男」を思い出した。面白いのは、猿之助のお蔦だが、あまりこれまで歌舞伎座では見せなかった、彼特有の大衆演劇的なところがよく出ていた。それが全面的に開花すると、ちょっと東京ではどうかと思うのだが、今回はちょうどいい具合だったような気がする。

May 12, 2017

5月12日(金)團菊祭昼の部に行ってきた

歌舞伎座団菊祭昼の部へ行く。

Sdim7909

最初は襲名披露の「石切梶原」。新彦三郎が主役だが、実に声が通る。こんなに声の通る役者というのはあまりいないのではないか。謡曲をやってほしいとも思った。羽左衛門型というのも珍しい。ただ、亀善、彦三郎、亀蔵と並んで立つと、親子なので立ち方が一緒。松緑の罪人が興行について口上を言うのも珍しい。

Sdim7913

「吉野山」も、竹本だけで、演出が違う。物語性を重視しているののか。海老蔵と菊之助は、この演目でははじめての共演らしいが、先日の「男女道成寺」の面白さがなかった。頑張っていたのは、初役の男女蔵。


最後は、眞秀君初お目見えの「魚屋宗五郎」。眞秀君、やはり小さい。菊之助の宗五郎は、まったくお手のものだが、果たしてほかに今、この役が面白くできるのは誰かと考えると、いかに菊五郎が貴重な存在であるかがわかる。

May 09, 2017

5月9日(火)明治座花形歌舞伎昼の部へ行く

明治座に、花形歌舞伎を見に行った。昼の部なので、「月形半平太」と「三人連獅子」。

Sdim7903_2

「月形半平太」は、愛之助の半平太。もとは新国劇のはずだが、全体に薄味で、新国劇らしさがない。かといって歌舞伎になっているかといえば、そうでもなく中途半端。新国劇だと、一つ一つのセリフにもっと思い入れを込めて語るのではないか。これでは、幕府打倒はとてもできそうにない。その方がよかったのかもしれないが、芝居としてはどうも物足らない。ア

「三人連獅子」は、母獅子が出てくる珍しいもの。なんといっても、子獅子の種之助が体がきれていていい。親獅子よりも却って立派に見える。踊りの才能は、父親から受け継ぎ、歌昇よりも上と見てきたが、それが証明された感じがした。

May 04, 2017

5月4日(木)団菊祭夜の部を見る

朝のワイドショーでは盛んに、寺島しのぶの長男、眞秀君の初お目見えについてやっていた。初お目見えで「魚屋宗五郎」の丁稚というのはかなりの大役。4歳ではたいへんなことなのだろう。果たしてこれからどうなるのか。とりあえず、初舞台での襲名がどうなるのか注目。おそらく、菊之助の長男とのダブル初舞台となると、来年の団菊祭か。


Sdim7888

昨日は、その団菊祭の夜の部へ行った。こちらは、ワイドショーでは取り上げられていないが、坂東家の三代の襲名披露興行。最初は、新しい彦三郎が五郎をつとめる「対面」。工藤が菊五郎だが、初役とは驚いた。たしかに見たことがない。そのためか、どうやっていいのかまだためらいがある感じがした。彦三郎の五郎は声は大きいが、五郎のもつ根本的な荒々しさを出すには至っていない。これは、ちょっと彼には難しいかもしれない。この舞台に、新亀三郎も登場。最後の向上では、立派に挨拶していた。

次は、「先代萩」。菊之助の政岡は二度目。まま焚きがないので、やはり物足りない。菊之助は、姿かたちが以前より美しくなっている。床下から刃傷までは、三階席で見ると、迫力に欠ける。問題は友右衛門。この人は役者としてどういった方向に行こうとしているのかがわからない。小役人的な悪さが必要だが、ただの普通の人間に見えて、勝元との対比が生きない。雀右衛門が頑張っているのだから、兄としてなんとかしてほしい。

最後は、新亀蔵の「弥生の花浅草祭」。悪玉善玉はよく見るが、ほかは見たことがなかった。「神功皇后と武内宿禰の場」で、宿禰が赤ん坊を抱いているが、筋書でもそれについてはまったくふれていない。これは、神功皇后の子、応神天皇なのだろう。この応神天皇が八幡神と習合するのは後の話になる。

新亀蔵。頑張ってはいるが、松緑と比べると、プロにアマチュアの差がある。振付も、踊りやすいようにはなっているようだが、ひと月持つのか。ちょっと心配になった。

April 05, 2017

4月5日(水)4月大歌舞伎は吉右衛門の鬱屈と猿之助の奴の脚

昨日は歌舞伎座へ。4月大歌舞伎、昼夜一気に見た。3階席なので、けっこう辛抱がいる。

Sdim7789

一番の出来は、夜の部の「傾城反魂香」。吉右衛門の又平の鬱屈の表現は、この人ならでは。菊之助の女房は、最初のおしゃべりはまだまだだが、実直で夫の性格をより一層際立たせる。「岡崎」のときは、最初の方の日では台詞が入っていなかったようだが、今回は手慣れたもので問題なし。

目だったのは猿之助。「伊勢音頭」の万野の存在感はかなりのもの。「熊谷陣屋」の相模は、さほどでもなかったが、「奴道成寺」は、勘十郎の振付なのか、最後の方をはっしょって、新しい表現になっている。奴だと、足が躍るので、そこが面白い。猿之助は、澤瀉屋でやらないのがいいのだろう。

問題は藤十郎。「帯屋」で、セリフは聞こえないし、そこにいてただ辛抱しているだけに見える。色気も失せて、壱太郎だけが目立った。これはちょっと考えもの。

March 17, 2017

3月17日(金)なぜ私は大物浦が嫌いなのか

昨日は歌舞伎座昼の部へ行ってきた。入場してみると、いきなり、前の日に最終講義を拝聴した早野龍五さんがいて、ご挨拶。

Sdim7678

最初の演目は、真山青果の「明君行状記」。あまりかからない演目ではじめて見た。いかにも真山青果という作品で、偉い侍と若い侍が議論で対決するという点では、「御浜御殿」に似ている。同じ作者だからそうなるのだろう。襲名を控えた亀三郎は頑張っているが、「御浜御殿」とは違い、主君のためのかたき討ちという「大義」が欠けている分、話が小さく、やはり面白みに欠ける。どだい失敗作なのではないだろうか。

その後、「義経千本桜」の渡海屋・大物浦。実はこの演目が好きではない。なぜ好きではないかというと、大物浦での知盛が血だらけで、あまりにも悲劇的。そこがいいという人が大半なのだろうが、私は何度見ても好きになれない。それは、今の人間には、海の底にある浄土にリアリティーを感じられないからではないだろうか。その分、死ぬことが悲劇に直結する。だが、舞台になった時代では、浄土へ行くことが生きる目的になっていたわけで、必ずしも悲劇にはならない。悲劇であるとすれば、それは、安徳帝が義経によって救われてしまい、入水しないこと。安徳帝が入水すれば、海の中が浄土になる。それがないと死ぬことはただの犬死にになる。今の演じ方、果たしてそこまでを考えているのだろうか。

今回は、孫のサッカー教室の送り迎えがあるので、大物浦の前で退席した。かえってそれがよかったかもしれない。仁左衛門の引っ込みもよかったし、巳之助のなんだか江戸の人間のような荒々しさも、ほかの役者にはないもの。時蔵は初役だというが、一転高貴な身分に変わるところが見事。それだけ見ればいいともいえる。


March 13, 2017

3月13日(月)歌舞伎の「岡崎」はその場面だけ単独で上演すべきだ

国立劇場で、「伊賀越道中双六」の「岡崎」を中心とした通しを見てきた。

H2903igagoehonomote

これは再演ということになるが、この前のも見た。それは読売演劇大賞を受賞している。相変わらず、岡崎の場面がすさまじい。歌舞伎の数ある演目のなかでも、子供が理不尽に殺されたり、妻が雪の中に放置されたりというところで、一番残酷というか、衝撃的なものだ。

国立なので通しで上演するが、2回とも見て、もう岡崎の場面だけでいい気がする。あまり背景的な説明もいらないだろう。実際、「沼津」の方は、単独で上演されているわけだから。

それに、かたき討ちの相手が実際に出てこない方がいい面もある。今回も錦之助だが、巨悪のイメージがない。それだけの思いをして敵討ちをするのだから、相手は、ひどい悪人、たとえば、幸四郎とか海老蔵とか、そういう役者でないと貫禄負けする。まさか、そんな人たちを出すわけにもいかないのだから、単独で上演すべきだろう。歌舞伎座で見たい。


より以前の記事一覧

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31