無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

書籍・雑誌

January 15, 2020

1月15日(水)『宗教年鑑』令和元年版から宗教消滅の傾向を探る

文化庁が出している『宗教年鑑』の令和元年版が公開されていたので、それを見てみた。

Image

その前年の平成30年版との比較ということになるが、1年だけにそれほど大きな違いはない。それでも、いくつか注目点が。

一つは、ここのところ信者数が増えているとしてきた、西本願寺と東本願寺が少しだが、信者が減っているとしている。それでも、数字としては信用できないが、これからどうなるかが注目される。

数字が伸びているところもあって、日蓮正宗が増えていたり、天照皇大神宮教が増えていたりする。これは、今後を見ないと何とも言えないが、着実に伸びているし、数字が信用できるのが真如苑。それでも、1年で3500人の伸びというのは、鈍化しているようにも見える。

信者数が減り続けている代表としては立正佼成会で、1年で23万6000千人減っている。現在が237万人なので、このままいくと10年で消滅してしまう。パーフェクトリバティー教団は、2万人減。桑田真澄氏がPL学園野球部復活に動いているが、どうだろうか。

各教団にとって厳しい状況は続いている。

January 02, 2020

1月2日(木)『神社で拍手は打つな!』関連で三つの記事が出て本はアマゾンで急上昇

あけましておめでとうございます。

大晦日には、プレジデント・オンラインに「NHKが大復活させた「大晦日のしきたり」の正体 除夜の鐘は昭和になって広まった」を寄稿。これは、中公新書ラクレの新刊『神社で拍手を打つな!』からの抜粋。

元旦には、現代ビジネスに意外!「初もうで」は日本古来の伝統、などでは全くなかった 昭和のブームに流され続ける日本人」を寄稿。これは、年末に頼まれたもの。

同じく元旦には東洋経済オンラインで、作家の印南敦史さんが、『神社で拍手を打つな!』の書評初詣「二礼二拍手一礼」が古い伝統という勘違い 昨晩聞いた「除夜の鐘」も実は歴史が新しい」を寄稿していただいた。

おかげで、『神社で拍手を打つな!』はアマゾンで急上昇。246位まであがった。

514qfsjbzql_sx313_bo1204203200_

正月早々、私にはめでたいことになった。

41k7acwpbtl_sx313_bo1204203200__20200102100501

神社ということでは、幻冬舎新書の『二十二社』も新刊で出ている。

November 25, 2019

11月25日(月)『一生に一度は行きたい神社100選』は6刷累計122,400部

宝島社から出した監修本『一生に一度は行きたい神社100選』が6刷になった。

29098528_1

昨年7月に出たものだが、ずっと売れている。これで、累計122,400部になった。

仏教の場合には宗派があり、教団があるわけだが、一般の神社にはそうしたものがない。教えもないし、修行の機会もない。仏教とはその点でかなり違う。有名な寺だとどうしても拝観料が必要だが、神社には不要。その分、仏像などの文化財が神社にはないが、その雰囲気が心地よかったりする。そうしたことも影響しているのかもしれない。

 

November 19, 2019

11月19日(火)『太平記』について書いた文章がようやく雑誌に掲載された

ずいぶん前に書いた原稿だが、「忠の神話としての『太平記』」が『アナホリッシュ国文学』に掲載された。

Dsc_0037

私が『太平記』について書くというのは、はじめてのことだし、滅多にないことだが、きっかけは岩波文庫版の『太平記』の校注をされている兵頭裕己さんに千葉の朝日カルチャーセンターで偶然遭遇したことから。

名前が似ているので、気になっていた方だ。それから縁ができて、この原稿となったが、載るはずの雑誌がなくなったりして、延び延びになっていた。編集顧問は林浩平さん。林さんは、私が1993年から4年にかけてNHKの『ナイトジャーナル』という番組に出ていた時、私が水曜日の担当で、林さんが火曜日の担当だった。そのときには何度かお会いした。

兵頭さんとの縁で、『太平記』を全巻読み切ったし、いろいろと思い出深い原稿となった。

November 05, 2019

11月5日(火)新刊『神社で拍手を打つな!』の見本が届いた

ここのところ、監修本や著書の刊行が相次いでいる。

Sdim0857

自分で執筆したものとして、『神社で拍手を打つな!』が中公新書ラクレとして刊行される。副題には「日本の「しきたり」のウソ・ホント」とある。世の中では、しきたりは昔から続いたものと考えられているが、実はそうでもない。おおくのしきたりは、必ずしも伝統があるわけではなく、けっこう新しいものも少なくない。そうしたことについて、いくつもの事例を挙げて論じたもの。

きっかけは、神社で正式な参拝の仕方とされている二礼二拍手一礼に対する違和感があった。どうもこれは神に礼拝する作法として落ち着かない。そこから、いろいろとしきたりを見直してみた。クリスマスについてなど、これまでずいぶんと誤解されてきたのではないかと思う。

とりあえず見本が届いた。刊行は7日。

 

November 01, 2019

11月1日(金)般若心経についての新刊と共著の重版

なんやかんやですでに11月である。明日からは気温も下がるらしい。

Sdim0834

11月8日に出る『ブレない心をつくる般若心経の悟り』の見本が届いた。これは、詩想社新書の一冊。もともと日本文芸社から出ている『般若心経 226文字のことばの力』を再刊したもの。内容は一緒。ただ、間違いがいくつかあり、それは今回訂正した。

般若心経がいったいどういうお経なのか。意外に理解されていないように思う。この本では、小乗仏教の教えを克服することに力点がおかれていることを指摘した。

あわせて、これは共著だが『世界を平和にするためのささやかな提案』(河出書房新社)が重版になり、3刷となった。ロングセラーになっている。

 

October 26, 2019

10月26日(土)監修本続けて三冊刊行で『日本の神様図鑑』

ここのところ、監修した本の刊行が続いている。

Sdim0821

『仏像ドリル』『日本の寺社 行事巡り100選』に続いて、洋泉社から『宇宙一やさしい! 日本の神様図鑑』が刊行された。

日本は、八百万の神と言われるようにたくさんの神が祀られている。そのなかから、代表的なものを選び解説を加えたもの。どこの神社に祀られているかも明記されている。

仏だと仏像で表現されるが、神の場合には姿かたちがないので、そこはイラスト。読みやすく親しみやすい本になっている。

September 13, 2019

9月13日(金)監修した『仏像ドリル』の見本ができた

これは著書ではなく、監修した本だが、『仏像ドリル』の見本が届いた。新星出版社というはじめての出版社。

Dsc_0335

見ての通り、かわいい。絵を描いているのが、仏像イラストレーターを名乗るカワモトトモカさん。かわいく仕上がっているのも、そのおかげ。

仏像の世界は勉強する機会も少ないので、おそらく仏像鑑賞には参考になるのではないだろうか。ドリルなので、解くことも楽しみ。

20日に発売になる。

September 03, 2019

9月3日(火)『日本の神社100選』が5刷でとうとう10万部を超えた。

TJMOOK『一生に一度は行きたい日本の神社100選』の5刷が決まった。

619mmzjbl_sx350_bo1204203200__20190903090601

これで、累計107,200部となり、とうとう10万部を超えた。監修した本だが、去年の7月に出て以来、コンスタントに売れている。監修者がいうのもなんだが、よくできた本だと思うし、神社に関心があったら、最初に開いていいものではないだろうか。

 

August 13, 2019

8月13日(火)『きょうだい子育て』の中国語版が届いた

これは、共著の本だが、2013年に主婦の友社から『どうしたらうまくいく? きょうだい子育て』を刊行したことがあった。その中国語版が、届いた。

Sdim0485 

出たのは今年の1月。それから半年以上が経って、うちに届いた。漢字で書かれているが、日本とは違うので、部分的にしかわからない。

上海の出版社だが、中国語版が出たのははじめてかもしれない。

 

より以前の記事一覧

January 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31