無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

書籍・雑誌

March 21, 2018

3月21日(水)3月30日に出る『葬式格差』の見本ができたのだが

3月30日が発行日の『葬式格差』の見本ができた。幻冬舎新書はずいぶん出しているが、単著ではちょうど10冊目。ほかに中田考氏との対談本がある。

Sdim9038

発行日が3月30日になったのは偶然だが、そこにはいきさつがある。9年前の3月30日、つまり2009年3月30日は、入籍し、現在の家族が法的に誕生した日だった。北沢タウンホールに届けに行ったのだが、たまたまその日、その場所で曹洞宗関係の雑誌の鼎談があった。そこで千代川宗圓氏とはじめてお会いしたのだが、その席で、「葬式は贅沢」という点で氏と意見を同じくした。

それが、やがて『葬式は、要らない』の刊行に結び付くことになるのだが、その北沢タウンホールは、妻とはじめて会った場所でもあった。それから9年が経って、同じ日に、葬式関係の本が出るというのも、なかなか興味深い偶然だ。


February 28, 2018

2月28日(水)初版は大嫌い

河出書房新社の14歳の世渡り術のうち、『世界を平和にするためのささやかな提案』が重版になった。

Sdim8953

この本、22人で書いているので、印税はわずかだが、重版はめでたいことである。

Sdim8955

先週のオーディオ哲学宗教談義で、黒崎氏があまりにオリジナル版、つまりは初版のすばらしさを語るので、物書きとしては初版は大嫌いだと言ってみた。うれしいのは重版がかかること。去年はなかなかそれがかなわなかったが、今年は3冊続けて重版になっている。この調子で行ってもらいたい。


February 07, 2018

2月7日(水)ヤマギシ会についての本の校正をはじめる

ヤマギシ会についての本の初校ゲラが来ている。とにかく厚い。1日目は100頁くらいやったが、目次もあるので、もっと少ない。

Dvvtklkv4aavs7x

この本の原稿、最初に書き始めたのは1988年頃だ。放送教育開発センターの助教授になっていたときだが、所長が変わって、仕事がなくなり、窓際族になっていた。ならば、博士論文にしようと書き始めてみたのだが、当時は、簡単に博士号などくれなかった。

そこで、1990年に日本女子大に移ってから、紀要に最初の部分を載せた。続けて載せようと思っていたが、退職せざるを得なくなり、それで果たせなかった。

その後、断続的に書いてきたが、今回本格的に取り組んだのは2016年からのことだ。山岸巳代蔵全集など、新しい資料が相当集まったことも大きい。ヤマギシ会から資料の提供も受けた。というわけで、ようやくゲラになっているが、原稿用紙にして750枚を超える。だから、校正も大変。いつ終わるのか。


December 05, 2017

12月5日(火)『「人間革命」の読み方』の見本ができた

今年最後の本になる『「人間革命」の読み方』の見本ができた。

Sdim8574

これは、創価学会の第3代会長池田大作著『人間革命』を読み解いたもの。『人間革命』は、戦後の激動の時代を描いたドラマとして見ると、創価学会の人間以外にも興味が持てる内容になっている。要は、現代版『三国志』だ。

そして、創価学会という集団を理解するうえでも、テーマになった「人間革命」ということが重要な意味を持つ。人間革命とは一体何なのか。それにひかれたのはどういう人間たちなのか。

さらに、『人間革命』は映画化されたり、アニメ化され、『新・人間革命』という続編も生んだ。前身は、第2代会長の戸田城聖が記した『小説人間革命』だが、今回は、「聖教新聞」の創刊号から連載されたオリジナルにも言及した。また、『人間革命』には、最近刊行された第2版もある。

さまざまなメディアを駆使して刊行され続けてきた『人間革命』。その書き手は本当に池田大作なのか。リアルな創価学会の姿を追いつつ、そこまで考えてみた。


November 23, 2017

11月23日(木)『天皇は今でも仏教徒である』は明日発売

明日、『天皇は今でも仏教徒である』がサンガ新書として刊行される。

Sdim8509

この企画をいただいたときには、天皇と仏教というテーマだった。それを見て、即座に思いついたのが、今回のタイトルである。それなら書く意味もあると思った。

近代では、天皇の信仰は神道というのが基本になってきた。しかし、歴史を振り返ってみれば、天皇は仏教と密接な関係をもってきた。その関係は、明治に入るときに断ち切られるが、長い仏教との関係がそれで完全に途切れてしまうわけではない。私は、現在の天皇が象徴としての在り方を模索するなかで、仏教にそのモデルを見出していったのではないかと考えている。それを論じたのがこの本であるということになる。

September 22, 2017

9月22日(金)新刊『日本の新宗教』はどういう本なのか

いよいよ角川選書の一冊として『日本の新宗教』が発売になった。

Sdim8390

この本は、150年にわたる歴史をもつ日本の新宗教について、その全貌を明らかにすることをめざしたものだ。新宗教は、日本が近代の社会に突入する中で出現し、とくに民衆のあいだに広がっていった。最も多くの信者を集めたのは、戦前なら天理教、戦後なら創価学会ということになるが、どちらも、実数で500万から1000万人の人間を集めたのではないか。

しかし、それだけの規模を持ちながら、たとえば、日本の歴史を振り返るというときに、新宗教が顧みられることは少ない。日本の近代史と密接に関連しているはずなのに、まるでその存在はなかったかのように扱われている。

果たしてそれでいいのだろうか。そうした問題意識から、新宗教の教団の中身だけではなく、社会とのかかわりについても多く言及した。新宗教が勃興したのは、日本社会が近代に入って大きく変貌したからだ。その新宗教は今どういった状況にあり、将来どうなっていくのか。それは日本人全体にとって重要な問題であるはずだ。


August 07, 2017

8月7日(月)創価学会批判の今

日本文化チャンネル桜の収録に行ったとき、同席した乙骨正生さんから『フォーラム21』の最近の号をいただいた。

Sdim8078


現在ではどの程度知られているのかわからないが、この雑誌は創価学会批判の専門誌である。ただ、最近の号では、創価学会ではなく、カルト批判の記事もいくつか掲載されている。

実は、乙骨さんとは、今から26年前に一度お会いしたことがある。知り合いの編集者の紹介で、それはちょうど、創価学会が日蓮正宗と決別への道を歩み始めたころだった。その点では、今より創価学会問題への関心が高かったのではないだろうか。

その時期に比べると、公明党が連立政権に入っているという以外で、創価学会が社会的に注目される機会は少なくなっている。『フォーラム21』の執筆者を見ても、昔とほとんど変わっていない。そこら、あたりが今の時代における創価学会批判の難しさを示しているのではないだろうか。

August 04, 2017

8月4日(金)斉藤由貴さんのことが週刊誌で報道されるまでの経緯を推測してみると

斉藤由貴さんの不倫騒動で、『週刊文春』にモルモン教のことでコメントしたため、昨日一昨日とちょっと忙しかった。ただ、昨日夜の何とも言えない妙な会見で、世の中の関心も失せるし、そもそもモルモン教の信仰は関係がないということになりそうだ。

Salt_lake_temple_utah__sept_20042

モルモン教は、アメリカ生まれのキリスト教系新宗教ということになるが、アメリカのモルモン教と日本のモルモン教では、だいぶ状況が違うのではないか。おそらく、日本のモルモン教徒の方が概してまじめだと思う。

斉藤さんのことは、複数の週刊誌が追っていたことが分かっている。これは、伝えられてはいないことだが、他誌は文春に追い抜かれたらしい。ということは、誰かが週刊誌にネタを売ったということになるだろう。

それで、斎藤さんが教会の駐車場に車を止めて、くだんの男性と会っていたということは、会う現場は教会から近く、教会のメンバーが目撃する可能性が高いということではなかろうか。斎藤さんはその点にはまったく無防備そうだ。教会のメンバーは、そうした斎藤さんの行動に疑問を感じていて、それで週刊誌にネタとして提供したのではないだろうか。おそらくそんなところだろう。


July 19, 2017

7月19日(水)宗教世界を一望できる本ができた

裏表紙を開くと、「制作期間3年以上、堂々完成」と書かれている。この本の担当編集者がはじめて私のもとへやってきたのは、たしかに3年半ほど前のことだ。

Sdim8031

その本がようやく出来上がり、見本が届けられた。内容は、宗教にかんする大項目のことば辞典で、十字架やジハード、諸行無常など、横断的にその意味を紹介している。たんにことばの意味を紹介するだけではなく、その背景や、他の宗教との関連など、さまざまな点に関心が行くように作られている。宗教を通史として、あるいはその性格を語っていくこともできるが、この一冊で宗教世界の全貌がとらえられるともいえる。

最初に企画を示されたとき、これだけの時間がかかるとは思えなかった。まずはご苦労様です。


July 06, 2017

7月6日(木)『日本人の信仰』が扶桑社新書として刊行された

扶桑社新書の一冊として『日本人の信仰』が刊行になった。

71cxneiku6l

この本、最初は日本人の無宗教について書くはずだったのだが、途中から気持ちが変わり、日本人は無宗教ではないという話になった。これには十分根拠のあることで、詳しくは本書を参照してほしい。

世界が、とくに先進国が無宗教化するなかで、かえって日本では宗教が生き続けている。そうした事態について、その意味を論じてみた。


より以前の記事一覧

April 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30