無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

日記・コラム・つぶやき

August 12, 2017

8月12日(土)今日のラジオ出演と昨日の納涼歌舞伎

今日は朝から浜松町へ。文化放送「玉川美沙ハピリー」でお墓の話を語る。葬儀についてもしゃべった。パーソナリティーが西の方なので、東では骨は全部引き取るんですよとお話したら驚愕していた。

Sdim8116

昨日は、歌舞伎座で納涼歌舞伎を見た。いつものように3部制。1部が一番人気がないようだが、長谷川伸の「刺青奇偶」から。半太郎は中車で、お仲が七之助、政五郎が染五郎。だいぶ歌舞伎役者になってきた中車だが、今回は博打にどうしても行ってしまう主人公の弱さを描き出すのには成功していない。育ちがいいからだろうか。その後、勘太郎の「玉兎」と、勘九郎・猿之助の「団子売」。さすがに勘太郎、一人で踊りとおすのは偉いが、体ができていない。親の方も、なんだか猿之助とあわない。ちょっとまじめすぎて、色気がない感じだ。

2部は、追善興行で弥十郎の「修善寺物語」。娘の死にざまを描こうとする異様な人物が主人公だが、やはり弥十郎の人の好さが出てしまい、迫力に乏しい。面白かったのは、去年の続編の「歌舞伎座捕物帖」。内容はばかばかしいが、テンポがよくて飽きさせない。本がよくできているのだろう。

3部は、野田版「櫻の森の満開の下」。これは、歌舞伎がもとではなく、野田の作品を歌舞伎化したもの。これまでとはちょっと趣が違う。この演目では、七之助の夜長姫が圧巻。野田の演劇は、演じる方に、とびぬけて子どもっぽい夢を見ているようなところが必要だが、七之助はそれを見事に演じ、しかも軽やか。今までで一番よかったのではないか。それに比べると、勘九郎は、そのあどけなさが欠けている。ほかは、芝のぶがいい。現代演劇の演出家にかかると、才能が開花する気がする。

今回は、日本女子大の時代にお世話になった源五郎氏から挨拶され、次には、渡辺保先生に、新著の感想を申し上げ、犬丸治さんにはじめてちゃんと挨拶し、いつものように早野龍五さんにも挨拶してた。知っている方々が大集合の歌舞伎座だった。

August 05, 2017

8月5日(土)桜チャンネルの収録とキャビア付きシャンパン

何がなんだかわからないここ数日だが、昨日は、日本文化チャンネル桜の番組の収録へ。テーマは、宗教と政治。創価学会や幸福の科学、オウム真理教を中心とした新宗教の話題が多く出た。12日に放送される予定。

Sdim8067


夜は、あまりにあわただしかったので、久しぶりに経堂の「ミツゲツ」へ。2回ほど満員で入れなかった。今日は予約したので、大丈夫。なんと、キャビア付きのシャンパンがおすすめ。すすめられると拒めない。いい機会とチャレンジ。

Sdim8068

野菜サラダも、見たこともない野菜が並ぶ。

Sdim8077

最後はジュレのデザート。すべてがうまかった。


August 03, 2017

8月3日(木)22年ぶりの幸福の科学東京ドームイベントとテレビ出演

昨日は忙しかった。朝、abema TVから電話がかかってきて、東京ドームで幸福の科学のイベントがあり、それを取材するので出演してコメントしてほしいと言われる。

その後、午前中は、家で原稿書きをして、午後はヒルズへ。2件インタビュー取材があったが、その合間に、『週刊文春』に電話取材のコメントが載ったらしく、テレビ局から電話取材などの連絡を受ける。一つはキャンセルになったが、日本テレビの「スッキリ」には電話取材で対応し、夜には、テレビ朝日へ。ヒルズからなので歩いて行ける。


Sdim8065_3

たまたま東京ドームには妻が好奇心から見学に出かけていたので、もらったグッズなどを受け取り番組に臨む。前回、22年前には東京ドームに行ったこともあった。あれから22年も経つかと思うと、感慨もあるが、やはり千眼美子こと、清水富美加が冒頭で来年公開の映画の主題歌を歌ったところは、22年前にはまったくなかったところだ。教団にとって、彼女の存在が極めて大きいことを示したイベントだったのではないだろうか。

July 31, 2017

7月31日(月)靖国神社の暴露本から今を考える

取材を受けるということもあり、宮澤佳廣『靖国神社が消える日』(小学館)を読んだ。

51c9xbn1hl_sx344_bo1204203200_

著者は、靖国神社の元禰宜。6月まで勤めていたという。在任中靖国神社をめぐってどういうことが起こり、それにどう対処してきたのかをつづったものだが、一方で、現在の徳川宮司に対する批判にもなっている。

それは、徳川氏本人のパーソナリティーということもあるのだろうが、戦前は国の施設としてはじまった靖国神社が、戦後民間の一宗教法人になってしまったということの矛盾が深く関係している。著者は、本来は国のものであるはずの靖国神社が宗教法人として独自にさまざまなことを決めていってしまい、本来の在り方から逸脱していく危険性をもっていることに強い危惧を抱いている。それが本書の執筆の動機になっているようだ。

もうすぐ8月15日がめぐってきて、靖国神社のことも話題になるはずだが、なんとなく今年はさほど大きくは取り上げられない気がする。それは、安倍首相の力が衰えてきているということも一因だが、さすがに、戦後70年以上が過ぎ、戦争に送られた人間だけではなく、戦没者の遺族が亡くなっているということの方が大きいだろう。戦没者の遺族として恩給をもらっているのも、もう2万人くらいしかいない。靖国神社は過去の問題になりつつあるようだ。


July 30, 2017

7月30日(日)105歳で亡くなれば葬儀よりもお祝いがふさわしい

六本木ヒルズに行くためには、千代田線の乃木坂駅で降りるが、階段を登って右手には青山葬儀所がある。そこで、葬儀が行われるときには、看板が出ているが、昨日は、「日野原重明葬送・告別式」とあった。ちょうどその時間だったのか、葬儀所に向かう喪服姿の人たちも見かけた。

Sdim8064

朝日新聞の朝刊では、日野原氏の連載が載っていたが、昨日は「読者の皆様に最後のごあいさつ」と題されていて、5月中旬のインタビューが載っていた。内容は、まさに遺言と言えるようなものだった。

日野原氏の享年は105歳。現在では、この年齢まで生きる人も増えてきている。ただ、この年齢で葬儀をして、4000人も集まるというのはまれなことだろう。

たしかに人が死ねば葬儀ということになるが、ある程度高齢になったら、それはむしろめでたいことで、105歳ともなれば、果たして葬儀でいいのか。お祝いではないのか。看板を見て、そんな気がした。


July 15, 2017

7月15日(土)仕事が終わったり決まったり

新宗教150年の歴史を扱った本を書き終えてから、ヤマギシ会についての本の原稿を書き直す作業をしていた。あわせて、注をつけたり、参考文献の引用個所を確認するなど細かい作業もした。一応、これで第2稿ができたが、本文と注だけで750枚くらい。

Sdim8022_3

それに合わせるように、いくつかの新しい企画も決まった。それに、以前から決まっているものもあり、今年中にはそれだけをやっても全部書ききれない状態になった。もう今年も半年もない。問題はどこから手をつけるかだが、いくつかちょっとやってみて、それでどうするかを決めた方がいいかもしれない。準備もいるし、十分に固まっていないものもある。


July 02, 2017

7月2日(日)江古田浅間神社の富士塚と御厨さんの生前葬

7月1日は、江古田浅間神社の山開きということで、富士塚に登れる。あいにくの雨模様だったが、なんとか傘を差さずに登れた。同行したのは、神道コンシェルジュ講座のメンバーなど。8メートルくらいだというが、意外と降りるのが大変だった。終わってから、近くのイタリアンの店でランチ。

Sdim8001

東北沢へ出て先端研へ。「御厨政治史学とは何か―21世紀への‘お宝’だったりしうるのか?」というシンポジウムを見に行く。吉田書店から出た二冊の本をもとに、御厨さんの方法論をさぐるというもの。生前葬だという話になっていたが、最終講義を含めなんども生前葬が続いている感じ。これは、珍しい。

シンポが終わってから、懇親会。久しぶりに御厨研の若手メンバーにも会う。


June 16, 2017

6月16日(金)シグマシグマの研究室へ

昨日は成蹊大学へ伺った。東女で教えた帰りで、バスで四軒寺まで行き、そこから歩くというルートにした。これまで成蹊大学には来たことがなかった。

Sdim7976

塩澤研究室によって、スクラップボックスの使い方について教えてもらう。それを見ていて、B-Tronに似ていると思った。実身仮身モデルと近いのではないか。研究室には、シグマが並んでいた。全機種あるとのこと。

終わってから、二度目のムンダージュ。


May 26, 2017

5月26日(金)女子大におけるカーストとインド料理

昨日は東女での授業の日だが、ゼミのなかで、女子大におけるスクールカーストのことが議論になり、それでなんだか盛り上がる。身近な話題だけに、学生も発言しやすいのだろう。今回は、哲学専攻だけではなく、言語の学生もいるので、専攻ごとの「文化の型」がいかに違うかがはっきりした。

Sdim7934

授業が終わってから、アテスエでお土産を買って、成蹊大学方面へ。成蹊大の塩澤さんのおすすめのインド料理店、ムンタージへ。塩澤さんの学生を含めて懇談。一番の目玉だというビリヤニをいただく。これは、注文を受けるとわざわた炊くらしい。インド風炊き込みご飯といったところか。米も違うが、ひどく軽くて、独特の触感。ほかにサモサやカレーなどをいただく。

話に花が咲いて、家に戻ったら12時近かった。

May 18, 2017

5月18日(木)菊五郎家のことから女系天皇を考えてみる

歌舞伎座では、團菊祭が行われて、盛況。菊五郎丈の孫、眞秀君の初お目見え、そして新亀三郎の襲名初舞台とにぎやか。

Sdim7886

一方、皇室では、眞子内親王が結婚するということで、女性宮家の問題が改めて浮上している。ただ、これには女性天皇や女系天皇への道が開かれるとして、保守派は反対している。

歌舞伎界も天皇家も、ともに家で継承していくというところでは共通したものをもっている。ただ、歌舞伎の世界では、芸による継承がもっとも重要で、血による継承は必ずしも絶対の条件ではない。たとえば、宗家である市川團十郎家の場合、11代目團十郎と、その前の9代目團十郎では血のつながりはまったくない。それでも、芸が継承されていれば、血のつながりは問題にされない。

そこで、女系天皇ということを、尾上菊五郎家で考えてみよう。

現在は、菊五郎の子供である菊之助がいて、将来菊五郎を継ぐと考えられている。そうなるだろうが、菊之助は吉右衛門の婿でもある。吉右衛門には後を継ぐ男の子供がいない。そこで、吉右衛門が菊五郎に、菊之助に吉右衛門をどうしても継がせないと頼み込んだとする。そんなことはあり得ないが、いろいろいきさつがあり、菊之助が吉右衛門を継ぐことになる。

となると、菊五郎の名跡をどうするかだが、菊五郎の長女、寺島しのぶが8代目菊五郎を継ぐとする。歌舞伎には皇室典範なんてややこしいものがないので、そうなったとする。すでに寺島しのぶは、「座頭市」で歌舞伎もやっている。あるいは、舞台には立たず、名前だけ継ぐということもあり得る。

そして、寺島しのぶの息子である眞秀君が成長したら、9代目菊五郎を継ぐ。これで、菊五郎家は女系でつながるわけだ。そのとき、観客は違和感を持つこともないだろう。そして、菊之助の子供、和史が4代目で吉右衛門を継ぎ、菊吉という関係が継続される。

それと同じ形で、皇位が継承されても、国民は納得するだろう。家は、継ぐことが重要で、血の継承はさほど重要ではないとも言える。しかも、男系だろうと女系だろうと、つながっていることはつながっているわけだ。

より以前の記事一覧

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31