無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

日記・コラム・つぶやき

January 13, 2023

1月13日(金)東京女子大の今年度の授業が終わった

昨日は東京女子大の授業。

324734111_868882714349214_50613596623485

後期最後ということで試験をした。これで終わり。今年度は、1日2コマでそれが大変だった。とくに最終週は、前日に朝カルが2コマあり、2日で6時間も講義をしなければならなかった。これがけっこうきつい。

324877158_520740896702553_55272330160731

それも来年度は変わる。ただ、それで女子大での講義も終わる。非常勤にも定年がある。

 

December 31, 2022

12月31日(土)今年の我が家の10大ニュース

1 昨年亡くなった母の一周忌法要と納骨

2 来年の成人式を控えての娘の振袖を着ての前撮り

Sdim4986_20221231173201

3 LinnのKlimax System Hubを導入しオーディオ環境劇的に変わる

4 安倍元首相狙撃事件をきっかけに統一教会などの問題で裕巳多忙を極める

5 娘の所属する東大WARRIORSが東京ドームでの中大戦で劇的勝利

6 裕巳と直美仕事がてら久しぶりの京都観光で時代祭を見学

7 日蓮遺文を読む会で講師をされた小松邦彰先生の通夜に裕巳と直美参列

Sdim6576

8 裕巳と直美13代目市川團十郎白猿襲名披露興行に両月とも初日に観劇

9 若者たちと作り上げ裕巳の監修した『若者のための死の教科書』が完成刊行

10 いつの間にか直美アメフトにはまりTV でNFLを見るまでになる

 

 

December 30, 2022

12月30日(金)今年出した本と増刷になった本

今年出した本を並べてみた。

Sdim7201

単行本の単著が4冊。新書の単著が6冊。

単行本の共著が1冊。新著の共著が1冊。ムックが1冊。

監修本は単行本が3冊で、ムックが2冊。

監修本の中国語訳(台湾)が1冊。総計で19冊。去年よりかなり多い。

Sdim7203

重版になったものが総計で6冊。『性と宗教』は増刷が3回。

単著10冊というのは、ずいぶんとよく働いたものだと思う。

自分にご苦労様。

 

 

 

December 29, 2022

12月29日(木)今年の宗教界を回顧する

今年は宗教をめぐっていろいろなことがあった。

まず、ロシアのウクライナ進攻。その背景に、ウクライナ正教会のロシア正教会からの独立という問題があった。さらに、ウクライナ東方典礼協会が西側の勢力がロシアを脅かしているという危機感もそこに働いていた。

一方、アメリカでは長年福音派が主張してきた、人工妊娠中絶を禁止する法律を州が定めることが最高裁判所によって認められた。福音派の勢力拡大が続いているというわけではないが、これは大きな転換だ。

日本では、安倍元首相狙撃事件をきっかけに、統一教会のことがとりあげられた。自民党議員との関係、高額献金や信仰二世の問題など、世間の大きな注目を集め。救済法案の成立に至る。

Dsc00288_20221229112501

イランでは、ヒジャブの被り方が悪いとつかまった女性が死亡し、暴行を受けたのではという疑惑から抗議デモが頻発するようになった。1979年のイスラム革命で成立したイスラム共和国だが、そのあり方が問われている。

インドネシアでは、イスラム法を徹底させるということで、婚前交渉が禁止されることとなった。

果たして、こうした動きが来年はどうなるのか。注目されるところだ。

December 28, 2022

12月28日(水)下高井戸おふろでのお食事会と今日の仕事納め

昨日の夜は、下高井戸の「おふろ」でお食事会。地下から地上へ移転してはじめて寄った。

Sdim7184

写真はクエの炙りのカルパッチョ。ほかにいろいろ食べた。

Sdim7188

オレンジ・ワインも。相当に繁盛しているのに驚いた。

今日は、朝日カルチャーセンターの講義終わり。これで、仕事納め。

ご苦労様。

December 25, 2022

12月25日(日)クリスマスイブの六本木と『苫米地英人原論』の鼎談さらには『一個人』の聖地特集

昨日のクリスマスイブ。一家で六本木ヒルズへ。

Sdim7145

大変な混雑。ミッドタウンにも行ったが、イルミネーションを見るための長蛇の列を見て、ケーキを買っただけで帰る。家で鶏を焼いてパーティー。

最近届いた、『苫米地英人原論』。中田考氏を含めた鼎談のDVDがついている。

Sdim7149

この鼎談、娘と苫米地氏の息子が同時に大学に合格した日だから、1年半前になる。

ほかに、寄稿した『一個人』の聖地特集の号。

Sdim7151 Sdim7152

以前出したものだが、『スマホが神になる』が紹介されている。

November 08, 2022

11月8日(火)69回目の誕生日と團十郎襲名公演

今日は69回目の誕生日。来年は70かと思うと、ちょっと複雑。

昨日は、歌舞伎座で13代目市川團十郎白猿襲名披露興行を見る。

313945208_2226416220871683_3846039478002

2000年に「情熱大陸」の番組で、当時の新之助のことを知り、それ以来、歌舞伎を見るようになったので、感慨深い。

全体を見て感じたのは、役者同士の三角関係。

新之助時代の團十郎は、菊之助、辰之助と「三之助」と呼ばれ、公演をともにすることが多かった。それが、今回の「助六」の最後の場面で再現された。松緑が意休をはじめて演じたことで実現したものだ。

もう一つの三角関係が、「勧進帳」での、幸四郎と猿之助とのもの。猿之助は、海老蔵襲名の際に、澤瀉屋を離れた。團十郎との関係は濃い。幸四郎の家は、團十郎の祖父、11代目の家でもある。

この二つの三角関係とは別に、子どもの世代の三角関係がある。

「勧進帳」で四天王をつとめた染五郎と左近。同世代の團子は出ていなかったが、「助六」で並び傾城の一人。この三人が新世代の三角関係。

最後は、8代目を襲名した新之助と、今回は出ていない丑之助、眞秀のごく若い三角関係。

この4つの三角関係が、これからの歌舞伎界の中心になっていくことが予想される公演だった。

昼の部と夜の部の間には、銀座で開かれていた甲斐扶佐義氏の個展による。ご本人はすでに京都に帰られているとのこと。

314605425_2226417227538249_3282833880089

 

November 05, 2022

11月5日(土)電話を買い替えた

電話の調子が悪くなったので、買い替えることにした。

ネットで注文しようとしたら、かなりかかることが分かったので、近所のノジマへ。

Sdim6358

一番安いのでよいかと思ったが、在庫切れ。半導体の不足が影響しているらしい。

こちらだと親機がコードレスになるので、少し高いがこれを買うことにした。

 

November 03, 2022

11月3日(木)新聞取材・ラジオ電話出演・新聞取材と多忙を極めた

昨日の午後は忙しかった。

まずは自宅で新聞社の取材。葬式について。これが1時間半くらい。

つづけて、ラジオに電話出演。

Si

統一教会問題について語った。かなり脱線したが。

それから、また別の新聞社から取材に訪れる。こちらも統一教会問題。

全部終わって6時。これは、疲れた。

November 02, 2022

11月2日(水)学恩ある小松邦彰先生のお通夜に参列する

昨日の夜は池上本門寺へ。

313428621_2221600364686602_3012180159527

日蓮の真蹟遺文を読む勉強会で講師をつとめられた小松邦彰先生の通夜に参列した。

この勉強会は2003年から9年間続き、日蓮の真蹟・曽存の遺文をすべて読んだ。すべての会に出席できたわけではないが、ほとんどの会に出てさまざまなことを先生から教えられた。

みっちり一人の先生について9年間も学ぶということは、なかなかないことだ。私も人生で一度きり。その学恩は限りない。

ご冥福をお祈りしたい。

より以前の記事一覧

February 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28