無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

日記・コラム・つぶやき

August 06, 2018

8月6日(月)オーディオ哲学宗教談義の番外編と季織亭の不思議なシルク麺

昨日は、Sounde Create のラウンジで続けている「オーディオ宗教哲学談義」の盤外編、「先生たちの夏休み」のイベントを行った。炎天下だが、黒崎氏と私が自宅で聴いているのと近い環境を用意してもらい、最近どういった音楽を聴いているかを、つまりは夏休みにどういった音を楽しんでいるかを語り合うという回になった。

38507132_1899512710125959_576330376(写真は赤沢良太氏撮影)

前半は私で後半は黒崎氏ということになり、いつもなら途中から乱れてくるのだが、今回はお互い抑制して、その分担で音楽をかけながら話をした。私の方は、ROONを使って、音楽の聴き方がどう変わったかが中心で、ほとんどクラシックをかけた。これは、今までにないこと。一方、黒崎氏は、録音技師の重要性を力説。モノラルとステレオで、LPレコードをかけた。

すでにシーズン1とシーズン2で6回もやっているので、いい加減話をすることもなさそうにも思えるが、いろいろと変化もあり、それなりに面白いものになったのではないだろうか。

終わってから、今日は家族もバラバラなので、一人で夕食ということになり、代々木上原で季織亭に電話をかけてみたら、休みとのこと。ただ、酒なら飲めるということで、うかがう。なんと、着いたとたん、食べ物が用意されていた。ラーメン懐石を昨日はやって、その残りがあったらしい。

最後に、麺も出た。これが、シルクを練りこんだ特殊な麺を使った、夏野菜の冷やし蕎麦。これが、不思議な面で、最初は、ちょっとすっぱくて、麺も柔らかいと思わせるのだが、食べ進めると、その感覚がなくなり、最後は、すっぱくもなく、しっかりと麺にこしがあったことがわかった。まるで魔法にかかったようで、食べ終わった後がいちばん旨い。余韻のある麺で、当然、こんなものは食べたことがなかった。ということで、充実した日の締めくくりになる。


July 26, 2018

7月26日(木)中川智正に面談した毒物学者の本と続く死刑執行

昨日、再校ゲラとともに、アンソニー・トゥー『サリン事件死刑囚 中川智正』(角川書店)が送られてきた。

Di6rxzzu0aaowxm

半分くらい読んだが、著者は、サリン捜査に協力した毒物学者。死刑確定後の中川に特別に14回にわたって、面接をしている。これは、異例のことだ。出版は死刑が執行されてからという約束だったので、この時期になっている。

著者は、中川の人間性を評価しているので、彼の証言を淡々とつづっている。オウムの化学兵器や生物兵器の製造に携わった遠藤誠一や土谷正実などについても触れられているが、まだ全部は読み終えていない。

そんななか、今朝、新たにオウムの死刑囚に対する死刑が執行されたというニュースが飛び込んできた。今のところ、林泰男と橋元悟に執行されたらしい。平田信の裁判で、林が証言したときのことは覚えている。彼は平田に友情を感じているようで、自分が死刑囚であるにもかかわらず、彼をかばうような証言をしていた。

July 21, 2018

7月21日(土)『七帝柔道記』の和泉氏と会う

昨日は家にいて、冷房しても暑いし、また近くで工事をしていて、それで揺れるので、校正のためにヒルズへ。

再校ゲラでそれほど直しはないが、さすがに200頁に近づくと、やる気が急になくなった。そこまで。その後、地下鉄で新大塚まで行く。新大塚の駅は、JRと近いと勝手に思い込んでいて、歩く羽目に。

大塚で、医師で僧侶の和泉唯信氏とお会いする。和泉氏は、漫画にもなったらしい『七帝柔道記』に登場する。

51auvkhb19l_sx343_bo1204203200_

現在、住職の方は休職中ということだが、親鸞と法然ということを強調していた。真宗では親鸞一本やりだが、親鸞にとって法然は師匠。もっと真宗でも、法然のことを考えた方がいいという主張だった。これは、私の近著『親鸞と聖徳太子』(角川新書)とも通じる話だ。


July 10, 2018

7月10日(火)麻原の遺骨をめぐって電話取材を受けた

昨日は、死刑が執行された麻原彰晃の遺骨について、3件の電話取材を受けた。週刊紙と一般紙、それに夕刊紙だ。

この問題については、すでにIronnaに書いたことがあるので、そちらを参照してほしいが、4女に引き渡すということで、事態は変わってきた。

教祖の遺骨というものは、仏舎利に代表されるように、信仰の基盤になる。浄土真宗でも、親鸞を祀る廟が本願寺に発展した。その点では、やはり重要な事柄と言えるだろう。

July 07, 2018

7月7日(土)麻原死刑執行と歌舞伎座

昨日はいろいろな面で大変な一日になった。まず、朝、ニュースで麻原死刑執行を知る。複数の情報もあったが、なかなかそれが誰なのかわからない。

歌舞伎座のチケットを昼夜とっていたので、そのまま歌舞伎座へ向かうが、大雨で、電車が遅れ、5分遅刻した。昼の演目は、「出世太閤記」をもとにした「三国無双瓢箪久」というもの。最初は、サルつながりで西遊記。

昼の休憩のとき、食事をしていると、週刊誌から取材の電話がかかり、まずそれに答える。次の休みには、「そんなこと言って委員会」の収録に電話取材で答える。演目の方は、そんなんでなかなか集中できないが、「大徳寺焼香の場」は、歌舞、伎らしく、面白い。昼の部が終わって、毎日新聞の取材を近くのホテルのティールームで受ける。それか、夕刊紙からも電話取材。

0

さすがに夜の部のほうでは、そんなことにはならず、「源氏物語」を堪能。オペラと能楽とのコラボでのこの演目は、前に見たことがあるが、今回の方がはるかによかった。能楽と歌舞伎に通じている亀井・田中兄弟と藤間勘十郎の力が大きい。

家に戻ってからは、短い原稿を二本。あわただしい一日だったが、大きな区切りがついたという感覚が残った。

June 26, 2018

6月26日(火)麻原死刑囚などの死刑執行にかんして上祐史浩などと議論をする

昨日は、午後、お経についての取材を受けた後、新宿へ向かう。


20180625_224730

ロフトプラスワンでのイベントは、「近づく麻原死刑囚の執行――今広がる6月執行の観測!その時アレフは?! 遺体は?! そしてポスト平成の宗教とは? ――“麻原の獄中メッセージ”や公安内部資料も大公開」というもの。80名近い聴衆が集まった。

話題は、麻原をはじめとする死刑囚の死刑執行にかんする具体的なことから、かつてのオウムの行ったことなど多岐にわたった。光の輪の上祐氏と同席するとき、そこに彼を批判する人物が含まれると、議論が紛糾してしまう。その点では、じっくりと彼の言い分を聞くことができたし、これまで私が事件について考えてきたことの裏付けになるような話も聞けたように思う。その点では意義があった。

June 25, 2018

6月25日(月)神道コンシェルジュ講座では即位灌頂を再現してみた

昨日の「神道コンシェルジュ講座」では、かなり大胆な試みをしてみた。

51npbnqha7l_sx336_bo1204203200_

3回ばかり大嘗祭についてやってきたが、その流れで、「即位灌頂」の話になった。天皇が密教の受容ということにおいて、かなり積極的な姿勢を示していたが、その点を押さえ、松本郁代氏の著作『天皇の即位儀礼と神仏』に出てきた東寺御即位法を神谷松木両氏に実演してもらった。

資料をどう読むかが難しかったようだが、その実演を通して即位灌頂がいかなるものかを知ることができた。天皇の決意を示すところなど、なかなか興味深い。即位灌頂というと、密教僧が登場しそうだが、それはない。そんなことも改めて確認した。

次回は、もう一つの即位灌頂、「法華御即位」を取り上げる。法華経信仰と密教との融合は、日本の仏教史のかなめになるようなことがらだ。


May 27, 2018

5月27日(日)甥が生まれたので対面しに行ってきた

甥が生まれた。正確に言えば、妻の弟の子どもなので、義理の甥ということになる。

Sdim9186

生れたのは、23日なので、まだ4日しか経っていない。行ったら、すやすやと眠っていた。そのあと目覚め、ミルクなどを飲む。まだ、3000グラムもないので小さい。

すでに孫が2人いる私からすれば、甥っ子が生まれるというのは、とても珍しい話になるかもしれない。年の差婚だとそうなるが、妻の弟ももう40歳。子どもができるのが遅かった。

2018年生まれということになると、82歳まで生きれば、22世紀まで生き続けることになる。そう考えると、くらくらしてくる。


May 26, 2018

5月26日(土)Linnの超迅速対応と久しぶりの更科堀井

一昨日の夜、オーディオを立ち上げたら、向かって右のスピーカーから音がでない。しかも、スピーカーはスタンドの上におかれているわけだが、スタンドのスピーカーを支える台のところが、熱くなっている。これは異変ということで、Sound Createに連絡してみると、Lanケーブルを交換して試してみてほしいと言われる。それは試したが、とりあえず電源を落として昨日の朝にもう一度。今度は、両方のスピーカーから音が出ない。スピーカーについてはテストができるのだが、左からは音が出ても、右からは出ない。

そこで、午後にLinnのスタッフに来てもらい、結局、スタンドを交換することになった。通常なら、時間がかかるはずのことなのに、たまたまKatalyst化されたスタンドがあったという、その場で交換してもらう。これで無事に音が出るようになった。たまたま納品があったということも重なり、驚きべき迅速な対応になった。Linnの製品、10年くらい使っているが、今まで一度も問題はなかった。こういうのは珍しいとのこと。

午後は、ヒルズへ行き、敬語関係の難しい論文に目を通す。その後、娘と「更科堀井」へ。実に久しぶり。

Sdim9157

やはりここはうまい。満足して帰るが、乃木坂まで歩いたので、しんどかった。何しろ、ずっとのぼりが続く。

April 29, 2018

4月29日(日)薬師如来からオーディオ哲学宗教談義そして打ち上げ

昨日の午前中は、NHK文化センター青山教室で、仏の話。今回は薬師如来。薬師如来についていったいどれだけ語ることがあるのか、ちょっと不安だったが、なんとかまとめてみた。ただ、どうしても最後ネタ切れで、10分余った。

Sdim9092

終わってから銀座へ。お昼ご飯を食べてから、サウンドクリエイトのラウンジへ。「オーディオ哲学宗教談義」のシーズン2最終回。まだセッティングの準備中だが、今日かける曲などを決めていく。

話は、6回目になるので、佳境に入っているというのか、難しくなっているというのか、そこが難しいところだが、黒崎氏とお互いの音楽観、その背景にある思想について語ったような気がした。私はなぜモーツアルトに興味を感じないのか。黒崎氏は80年代以降のジャズはだめだというのか。つきつめると、実は同じところに行きつくということが、おぼろげながら分かった気もした。音楽には経験を重ねながら聞くものと、そうでないものの二通りがあるのかもしれない。

終了後は、打ち上げ。実はそちらの方が面白かったような気もするが、あまりにもプライベートな領域なので、ここでは書けない。


より以前の記事一覧

August 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31