無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

日記・コラム・つぶやき

May 23, 2024

5月23日(木)御厨貴さんとの「時事イ放談」とサンマルクカフェのジャズ・ライブ

昨日は、午前と午後2回、朝日カルチャーセンター新宿教室で講義。午前は、「神社と日本人」の2回目。日本の神について考えてみた。

午後は、御厨貴さんとの「時事イ放談」。御厨さんが昔出演していたテレビの番組「時事放談」にかけてのタイトル。

52841_0

その「時事放談」の放送現場の話もかなり面白かったが、はからずも戦後の首相の人物評をたどる結果になった。これも面白い。講義は好評だったので、秋には第2弾をやろうという話になった。おそらく、生前退位の問題を中心に天皇のことを扱うのではなかろうか。

終わってから、妻と、ハルクの中二階にある喫茶店で休み、その後、8階のレストラン街へ。どこにしようかと思案して、サンマルクカフェに行ったのだが、なんとジャズ・ナイトということでライブをしていた。

20240522_194506-1

ヴォーカルの北川アキさんを中心としたトリオ。黒石雄平のギターに、阿部樹一のピアノ。いつも一緒にやっているらしく、スターンダードをうまくアレンジしていた。こうしたライブは月に一度あるらしい。他のサンマルクカフェでも同じようだ。

May 19, 2024

5月19日(日)東大の本郷キャンパスにウォーリアーズの試合を見に行ったら学費値上げ反対の集会に遭遇した

今日は東大の五月祭に行った。そもそも、五月祭に来たことがあっただろうか。ほとんど記憶がない。1回くらい来たような気もするが、はっきりしない。

436379618_2622024971310804_3973533834567

来たのは、娘の所属する東大ウォーリアーズの試合を見るため。相手は、今年ビッグ8にあがったばかりの成蹊大学。最初、東大は2,3年中心で、続けてタッチダウンを許す。途中から4年生が出ると、逆転し、相手のオフェンスはほとんど進めなくなった。痛む選手も成蹊の側に続出。最終的に東大が勝った。

その後、五月祭を回る。たくさんの人。途中、芝生で休んでいたら、突然学生が集まり、学費値上げ反対のミニ集会になった。

436256136_2622055577974410_6934244451754

学費値上げということでは、私が大学に入った時のことを思い出す。ちょうど学費値上げでスト中だった。当時は相当に安く1万2千円が3万6千円に上がるという話だった。まだ、政治の季節が続いていたので、学生もかなり抵抗し、ストが解除された後も、代議員大会でもう一度ストを決議した。これは、学生全体には承認されず、ストにはならなかった。代議員大会は、深夜に及ぶもので、私もその場にいた。革マルが最後、スト賛成に回って可決されたように記憶している。

五月祭は大変な人。最後は安田講堂で、オーケストラの演奏を聴いた。

May 04, 2024

5月4日(土)馬事公苑のホースショーと團菊祭昼の部

昨日は馬事公苑の「ホースショー」へ行った。

10647_0

結構な人出。馬術の25歳以下の大会や、東京オリンピック馬場馬術代表によるパドトロワなどを見学。

妻が、装蹄に興味をもっていることを初めて知る。装蹄師に会って感激していた。

441500737_2610736655772969_4463595931955

今日は、歌舞伎座昼の部へ。渡辺保先生に久しぶりにお会いして話ができた。

演目は、舞踊の「鴛鴦」から。前半はさしたることはなかったが、後半常磐津になってから、右近が頑張った。

「毛抜」は、4代目左團次追善で男女蔵が弾正。他、豪華な配役で、全体がしまった。最後、團十郎が後見に出たが、花道を引っ込む弾正を見つめるだけで、後見らしいことはしなかった。それでも目立つ。

最後は、その團十郎の「幡随院長兵衛」。この演目、これまであまり好きではなかったのだが、今回は、團十郎が敵の罠にひっかかっても維持を通すという男の美学を相当に力を入れて表現したので、見違えるものになった。リアルに演じてはダメな演目だということが分かった。それにしても、團十郎の眼はすごい。

20240504_154829

終わってから、サウンドクリエイトへ。新しいLinnのパワーアンプも聴かせてもらった。

 

 

April 02, 2024

4月2日(火)関東学院大学の入試問題に『「ひいき」の構造』から出題された

自分が書いた文章が大学の入試に出ることがある。

今回は、関東学院大学の国語に、『「ひいき」の構造』から出題された。

Kan

よく自分の文章でも、問題は解けないと言われるがどうなのだろうか。

面倒なので、解答はまだ試みていない。

March 27, 2024

3月27日(水)新宿住友ビルは50周年で珍しいアンプを聴く

午前中は、朝日カルチャーセンター新宿教室で「京都の最強神社」の最終回。まとめと、主に陰陽道について説明した。

20240327_101537

教室のある住友ビルが50周年ということで、それを記念したオブジェがあった。最初、住友ビルが建ってすぐに来て、中心から上を見上げた時のことを今でも覚えている。何しろ、超高層がまだ珍しい時代で、しかも建物は三角で、真ん中が吹き抜け。それからもう50年経ってわけだ。

つな八で昼食をとり、銀座へ。サウンドクリエイトに寄る。

20240327_151536

WESTERN ELECTRIC 91E プリメインアンプが今日まで聴けるということだが、今後常設されるらしい。

聴いてみたが、マイルスはよくても、キースジャレットはよくない。少し古い録音の方が、真価を発揮する。

RCサクセションのカヴァーズだと、まるで天国から聞こえてくるよう。「帰ってきた酔っ払い」を思い出した。

そのつながりで、昭和歌謡を聞く。低音が効いている。

その後、桜はまだかと日比谷公園に寄ったが、桜はまったく咲いていなかった。

March 15, 2024

3月15日(金)東京女子大の卒業式に参列してなぜか卒業写真にも入ってしまう

今日は東京女子大学の卒業式に参列した。

20240315_135102

今まではそういうことはなかったのだが、今年から学長の発案で、非常勤講師も招待された。ちょうど、私も定年なので、この機会しかないと参列した。会場は講堂。学生以外には教員だけ。卒業生がオルガンで入場した後、賛美歌をうたうところが、いかにもキリスト教の大学。

学位授与の後、学長と学部長があいさつしたが、学生の答辞も、来賓の挨拶もなく、あっさりしたもの。これがコロナ前と同じ形式らしいが、日本女子大のときとはずいぶん違う。日本女子大では、来賓の卒業生が、大学のモットーである「三大綱領」について熱く語ったりしていた。

式が終わって、出たところに黒崎政男さんがいて、たまたま学長や前学長も集まっていたので、挨拶。学長は森本あんり氏で、著書は拝読している。

それから、専攻単位の学位授与式にも出て、なんとそこで挨拶をした。たまたま、以前ゼミを担当していた時の学生の妹さんがいて、お姉さんはどうしているかと尋ねたら、なんと2日前に出産したとのこと。その学生、路線図の美学で卒論を書いていて、去年それを読む機会があった。なかなかの力作。

お母さんもいらしていて、しばしお話をする。

その後、卒業写真にも加わってしまった。全体に予想外の展開だった。

February 09, 2024

2月9日(金)黒崎政男邸での蓄音機試聴と『[増補版]神道はなぜ教えがないのか』3刷決定

昨日は黒崎政男邸へ。蓄音機でいろいろ聞かせてもらった。ちょっと企画を考えているので、宗教関係のSPレコードを主に聞いた。

426283546_2552430781603557_3214396770816

依然として売れ続けている『[増補版]神道はなぜ教えがないのか』(育鵬社)の3刷が決まった。神社の本は手堅い。

File_20240209093501

現在は、『京都の最強神社』について執筆している。

 

January 22, 2024

1月22日(月)オーロラサウンドの唐木さんと歌舞伎座夜の部

昨日は、午後銀座へ。サウンドで今度購入するオーロラサウンドの唐木さんと会い、いろいろと話を聞く。43743_0

その後歌舞伎座へ。夜の部。

20240121_173738

「鶴亀」では、福助が左手を添えてではあるが、右手を動かしたのに驚いた。

「対面」は、芝翫が工藤をやった方がいいように思った。八幡三郎の虎之介が上出来。彼が五郎の方が清新な対面になっただろう。

「息子」ははじめて見たと思うが、翻訳劇だけにことばが歌舞伎にしては多すぎる。白鸚がさすがの存在感。染五郎にラマンチャをやってほしくなった。

「道成寺」がお目当て。右近はなかなか堂々としたもので、最後、あれだけはやく鐘に登った役者を見たことがない。長唄お囃子もかなり力が入っていた。

January 19, 2024

1月19日(金)小石川後楽園のライトアップと宏洋氏の逮捕について

昨日の夜は、小石川後楽園のライトアップに行ってみた。

Sdim1763

東京ドームでコンサートがあり、その音がかなりうるさかったものの、暖かく、それは何より。

Sdim1793

大学生の狂言や神楽の公演もあり、熱燗と豚汁で温まることもできた。

今日になると、宏洋氏が逮捕されたということが、えらてんさんの方から伝わってきて、やがて新聞でも報道された。

名誉棄損とのことだが、改めてYouTubeの恐ろしさを感じた。YouTubeで他の人を批判したり、攻撃したりすると、登録者が増え、達成感がある。

しかし、そうしたものは、躁状態でしかできず、それが続くと加熱していく。今回の逮捕劇もその結果だろう。

最近、私は、「達成感依存症」ということを考えているが、今回はその事例ということになりそうだ。

January 10, 2024

1月10日(水)11年間教えた東京女子大学の授業も今日が最後になった

今日は東京女子大の非常勤講師として最後の授業だった。といっても、最終週なので試験。

Sdim1727

11年も教えたことになる。「宗教学」「宗教史」「現代社会と宗教」それに哲学専攻のゼミと、いろいろ教えた。コロナ禍では、完全オンラインで、一対一のゼミというものもあった。いろいろと思い出深い。

Sdim1721

私が教えるきっかけを与えてくれた黒崎政男さんと、カント全集を背景に記念写真。

Sdim1712

これまで、史学科や政治学の研究室、そして哲学科といろいろな分野に関連して教えてきたが、意外とそういうものが自分の興味にも反映されていて興味深い。最近では、宗教と哲学ということにとくに関心が出てきた。

あとは、東京通信大学の非常勤講師があるが、こちらは、すでに収録したものがくり返しインターネットの授業になっているし、試験問題も用意してあるので、最後に成績確認のボタンを押すだけ。こちらがいつまで続くかは不明だ。

より以前の記事一覧

June 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30