無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

文化・芸術

February 07, 2024

2月7日(水)落合陽一さんと深夜のラジオでベイトソンについて語る

昨日の深夜、<TOKYO SPEAKEASY>というFM東京の番組に出演した。

Oc

お相手の落合陽一さんとは倍くらい年齢が違う。今どきの若い人は、研究者、起業家、アーチストというパターンが当たり前のようになっているようだ。話は後半けっこう難しいものになってような気がする。ベイトソンの話が出たのは懐かしかった。

落合さんの博士論文の副査は、昔からの知り合い、トロン・プロジェクトの坂村健さんだったらしい。

「トロンは宗教だ」という私の考えに、落合さんも同意してくれた。聞き逃し配信が可能。

 

December 27, 2023

12月27日(水)朝日カルチャーセンターの講座は午前と午後の2回で京都の最強神社と創価学会

今日は朝日カルチャーセンターの講座。午前中に、京都の最強神社で、藤原氏関係の大原野神社と吉田神社を取り上げる。

昼食後、午後は、特別講座。

Line_p20231227_183405

短い60分の講座だが、39名の受講生とかなり多かった。オンライン視聴の方が多いのが、最近の傾向。したがって、会場には10名ほど。それでも、若い方が目立った。池田大作逝去を受けて、これからの創価学会はどうなるのか。それも展望した。

銀座へ出て、サウンドクリエイトへ。モノラルについて、教えてもらう。

December 12, 2023

12月12日(火)死想会のYouTubeライブで死刑の問題を中心に議論した

今日は、『若者のための死の教科書』グループの「死想会」のYouTubeライブの4回目。

395819212_1091941011794425_7497640094497

原田正治・松本麗華『被害者家族と加害者家族 死刑をめぐる対話』(岩波ブックレット)をめぐって話をした。

なかなかにして難しい問題で、しかも、私にとってはオウムのことがからんでくるので複雑。最近の司法の流れでは、被害者ないしはその家族の存在にようやく目が行くようになったが、加害者家族となるとまだ視野に入っていない。

いったい死刑にはどういう意味があるのか。なぜ人は人を殺すのかなど、問題は多岐にわたった。結論がすぐに出るような問題でもない。考え続けていくしかないということにもなるが、今日はそのきっかけになったかもしれない。

 

November 05, 2023

11月5日(日)オーディオショウから新発見のスピーカーで歌舞伎座顔見世は充実の舞台

昨日はインターナショナルオーディオショウの2日目。

Sdim0910

いろいろまわったが、Axissのところでものすごい装置で聴いたが、少し疲れた。

昼食を茨城県のアンテナショップでとった後、サウンドクリエイトへ。そこでみたことのないスピーカーを見つける。

Sdim0917_20231105145401

蓄音機を思わせる感じで、下にスピーカーが一個だけ入っている。Voigtというヴィンテージの有名なスピーカーらしい。

これをサウンドクレイエイトの清水会長が作り直したものが、左に。

Sdim0918

思わずこれが欲しくなる。音が柔らかく、現代オーディオとは正反対。これを聴いてしまったので、オーディオショウには戻らず、歌舞伎座へ。

Sdim0921

歌舞伎座か顔見世の昼の部。

最初は、仁左衛門の「松浦の太鼓」。大高源吾を初役で松緑が。仁左衛門のご指名とのこと。仁左衛門の至芸で、松緑を指名した意味も分かる気がした。気力が充実していて、爽快。歌六も、其角ははまり役で。

次は「鎌倉三代記」。これまで見ても分かりにくい芝居だったが、今回は輪郭がはっきりしてよく分かった。芝翫の高綱が立派で、最後迫力があった。梅枝の時姫も初役にしては立派。時蔵も若武者を熱演。周りもそろって観劇。

最後は、踊り三つ。左近の静御前には驚いたが、繊細で、実は女形なのだろうか。堂々としているのがいつもと違う。巳之助と右近の「三社祭」は、軽妙で楽しませた。この組み合わせがよい。

終わってから、近くの干物専門店に。安くてうまい。充実の一日。

November 02, 2023

11月2日(木)『スーフィズムとは何か』(集英社新書)をめぐる鼎談が公開された

昨日と今日にかけて、『集英社新書プラス』のサイトで、『スーフィズムとは何か』をめぐる対談が公開された。

31887_0_20231102144401

前編はこちら。

後編はこちら。

スーフィズムを通してイスラムを見ると、その理解が変わってくる。その点で興味深い鼎談ではないだろうか。

October 08, 2023

10月8日(日)天王洲アイルのMYAFには長谷川君と前田君がともに

孫が泊まりに来ているので、天王洲アイルで開かれているアートのイベント、MYAFに行ってみる。

Sdim0852

死の教科書グループの長谷川彰宏君が出展しているというので、それを知った。

Sdim0803

いろいろと歩いていたら、目の前に棺桶が。入棺体験もしている様子。たしかめてみたら、同じ死の教科書グループの前田君だった。

Sdim0839_20231008231801

棺桶はこの前、このグループでYouTubeライブをやった共栄のもの。さっしく入棺。

前田君も長谷川君も、同じイベントに出ているのを知らなかった。

October 05, 2023

10月5日(木)縁あって正教会の新約聖書をいただいた

昨日、知り合いの正教会の信者の方から、聖書をいただいた。

Sdim0779

初めて見たのだが、1901年に翻訳されたまま受け継がれているのがわかる。

Sdim0784

少し読んでみたが、実に読みにくい。正教会の信者は、聖書はほとんど読まないらしい。

August 25, 2023

8月25日(金)朝日カルチャーセンターの新宿教室の講座はまだまだいろいろある

さらにこれからの朝日カルチャーセンターの新宿教室での講座についてのご案内。

Sc

まずは、オンラインだけの講座で、「新宗教とカルト」。副題は「その境界にあえて分け入る」というもの。昨今注目されるカルトについて、その定義から話をはじめてみたい。宗教とカルトをどう分けるのか、そこが議論になってきたが、その問い自体に問題があるのではないだろうか。

Sk

次は、すでに最初の期がはじまっている経済学者の水野和夫氏との講義。世界の経済史を追うという大胆な試みで、こちらもオンラインの講座。毎回、それまでの流れを説明するので、途中からも十分に受講可能。すでにいろいろと興味深い話が出てきた。

Cg

最後は、哲学者黒崎政男さんとの講座。今話題のchatGPTについて。その本質を明らかにしたい。黒崎さんとはオーディオ哲学宗教談義というものをやってきたが、カント哲学の専門家で、なおかつ人工知能についても積極的に発言してきた方。時間も少し長めに2時間とした。

 

August 24, 2023

8月24日(木)朝日カルチャーセンターの今後の予定など

昨日の午前中は、住友ビルの朝日カルチャーセンター新宿教室で「日本最強神社の祭神たち」の講義。今回は、ヤマトタケルとそれを祀る神社について取り上げた。これは、祥伝社新書にも、宝島社のムックにも出てこない。

古事記と日本書紀で設定が違うということを入り口に、神話における英雄の意味について考えた。この講座はもう一回あり、八幡神を取り上げるが、秋からは、新しく「京都の最強神社」の講座がはじまる。

Ks

他にもいろいろあるが、単発では、9月19日に「親鸞と歎異抄の謎」をやる。最近、日本史の本郷和人さんと鎌倉の仏教について対話をしたので、それが反映されるはず。

Sr

 

August 20, 2023

8月20日(日)昨日は朝日カルチャーセンターの新宿教室で講義と聴講

とにかく暑い。

20230807_114352

昨日の午後は、朝日カルチャーセンターの新宿教室で、「世界経済史講義」の第2回目。

ローマ帝国の経済を中心に見ていったが、12,3世紀までくらいは経済成長ということがなく、その点では経済史というものが成り立たないということがよく分かった。帝国は、定常的な状態が続く中で、権力を集約することで、税金を徴収し、それでインフラを整え、経済を盛り立てていく仕組みだが、生産力の増強を図れないだけに、現状をいかに維持するかで精いっぱい。そんな時代は、今からするとなかなか思い描けない。

同じ時間、大澤真幸氏の講義もあり久しぶりに会う。いったい何年ぶりだろうか。

水野氏の単体での講義があるというので、夜はそれを聴く。サラマンカ学派の話で、これは知らなかっただけに興味深かった。スコラ哲学の経済学への影響には甚だしいものがあることが分かった。

 

 

 

より以前の記事一覧

February 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29