無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

旅行・地域

December 24, 2018

12月24日(月)テレビ愛知の収録と22社のうち3社めぐり

土曜日は、名古屋のテレビ愛知で番組の収録。以前、愛知のお寺の特集があり出演したが、今回は、神社。愛知は神社の数も一番ではないがかなり多い。一番はなぜか新潟県。

収録が終わってから京都へ行き。祇園かわもとで一人忘年会。フグの白子を焼いたのがうまかった。

そこから奈良へ行き、奈良で宿泊。日曜日は神社巡り。22社の最後の4つのうち、3つを回る。

Sdim9932_2


最初は、大和神社。ここは、天理教が事件を起こしたところでもあり、行っていてしかるべきだったのだが、行ったことがなかった。JRの長柄という駅から10分ほど。祭神は大和大国魂神。もともと朝廷において天照大神とともに祀られていた。その点で、この神社は重要。

次は、1時間ほど電車で三郷駅へ。龍田大社に行く。坂の上にあり、風の神を祀る。そこまでは比較的楽だったが、次は、法隆寺駅まで行って、タクシーで廣瀬神社に行く。こちらは、龍田大社とペアで水の神を祀っている。

問題は帰りで、タクシーを呼んでもいいのだが、周辺のことも知りたいので歩く。歩いて30分。近くに川が多いことがよく分かった。水分神社も祀られている。駅のところの喫茶店で昼食をとる。ここで13時半になっていた。

すっかり疲れたので京都経由で東京へ。

December 10, 2018

12月10日(月)オーディオ哲学宗教談義の打ち合わせと「八紘一宇」の碑

昨日の夜は、築地で「オーディオ哲学宗教談義」シーズン3の打ち合わせがあった。私もちゃんと用意していったので、黒崎氏からはお褒めの言葉をいただいた。

Dsc_0436

打ち合わせが行われる店に着く前、近くにあった「八紘一宇の碑」に寄ってみた。地図で店のことを調べていたら、そんなものがあることが分かったからだ。

以前、『八紘一宇』の本を出すときには、宮崎の「八紘一宇之搭」を見に行った。現在では「平和の塔」となっているが、正面にはしっかりと「八紘一宇」と記されていた。その映像はYouTubeにあげてある。

こうしたものが建ったのは紀元2600年のこと。紀元何年で祝うというのは、1940年のこのときだけだ。このときには、他のところでも、八紘一宇と記した石碑が建てられ、それが今でもかなり残されているようだ。築地のものはその一つということになる。

December 09, 2018

12月9日(日)氷川女体神社とユダヤ・中東音楽の夕べ

昨日は午後、さいたまのスーパーアリーナにあるNHK文化センターで22社について講義。今回は中七社を取り上げた。

Dsc_0423

夕方まで時間があったので、ちょっと気になっていた氷川女体神社に行ってみることにした。浦和に出てバス。これが長い。氷川神社と対になっているようだが、こちらはかなり規模が小さい。格別収穫はなし。バスで今度は東浦和駅まで出て、神田へ。

Dsc_0431

ポケモンGOをめぐる世界宗教者会議でお世話になった辻圭秋さんのユダヤ・中東音楽の夕べに参加する。懇親会までつきあった。

最近では、イスラエルのジャズ演奏者が活躍していたりして、いろいろユダヤ音楽ということを考えるが、辻さんのお話ではどうもユダヤ音楽なるものは実体として存在しないようだ。イスラエルに集まってきたユダヤ人がそれまで生活していた地域で親しんだ音楽が持ち込まれてできたハイブリッドということだろうか。興味深いイベントだった。


December 01, 2018

12月1日(土)13年続いた六本木ヒルズライブラリーを退会した

12月になった。

Sdim0020

昨日、六本木ヒルズのライブラリー、オフィス会員を退会した。最近は、あまり使う機会がなくなった。2、3年前から毎年、今年はどうしようかと悩んでいたが、今回決断し退会することにした。

調べてみると、最初に会員になったのは2005年12月1日、つまり13年前の今日だった。12月1日に入会し、11月30日に退会したというのも、別に意図したことではないが、よくできた話だ。最初は、東大の先端研の関係で入会した。そのときは、プロジェクトの関係で、個人としては会費を支払う必要はなかった。それが終わったあとも、便利なので、自分で会費を払い使い続けてきた。

取材やら対談やら、いろいろなことに使ってきたので、思い出も多い。そこではじめて出会ったような人もいた。ただ、時代とともに、ビジネスをしている人ばかりになり、新しい出会いがなくなったということもある。ともかく13年長い付き合いだった。


November 09, 2018

11月9日(金)取り壊される立正佼成会の普門館に行ってきた

夕方、中野富士見町まで出かけた。立正佼成会の普門館が今度取り壊されることになり、そのため、吹奏楽のコンクール関係者のため、ステージが開放された。新聞でも報道されたが、一度も内部に入ったことがなかったので、行ってみることにした。


Sdim9781


中に入ってみると、多くの人が来場し、楽器を演奏したり、メッセージを書き込んだりしている。客席の方には入れないが、相当に大きなホールであることがよく分かる。


大聖堂の方は、子どものころに完成し、今までに何度か足を踏み入れたことがある。普門館が建ったときには、すでに我が家は和田から引っ越してしまっていたので、それが建設されたことも、完成したことも直接の記憶はない。

Sdim9773


普門館の完成は1973年とのこと。それはオイル・ショックの年で、爆発的な勢いで伸びてきた新宗教が、曲がり角にさしかかっていた時期だ。創価学会が大石寺に建てた正本堂も、完成は72年だった。

November 05, 2018

11月5日(月)大野原神社南座下鴨神社山折先生中金堂正倉院展で言うことなし

昨日から今日にかけて、京都と奈良に出かけた。半分取材で、半分は観光。


Sdim9625


初日は、今調べている22社の一つ、京都の大原野神社へ。ヤマギシ会発祥の地である向日町からバスで行った。郊外の神社で、なかなか趣がある。紅葉の名所らしいが、紅葉ははじまったばかり。ちょうど昼食の時間だったので立ち寄った蕎麦屋がうまかった。

Sdim9704

阪急まで戻り、河原町へ。ホテルに荷物をおいてから南座へ。新開場となったが、なかはほとんど変わらない。エレベーターが新設されたくらいだろうか。「対面」に高麗屋の三代襲名の口上、その三人の「勧進帳」。工藤が仁左衛門で、五郎の愛之助と十郎の孝太郎、舞鶴が秀太郎で立派。松島屋一門が揃い、息もぴったり。

口上は、襲名する三人に披露役の藤十郎に、仁左衛門だけとシンプル。これでいい。「勧進帳」は、何より幸四郎が大躍進。すっかり弁慶を自分のものにしている。「滝上り」は、実は初めて見た気がするが、そこで観客のこころをつかんだ。これまで矛盾していると思えるところも見事に解消。はっきり言って幸四郎を見直した。夜は、「祇園かわもと」で、てっさなどいただく。

Sdim9746

月曜日は、やはり22社の一つ下鴨神社へ。実はちゃんと来たことがなかった。特別公開で、本殿も拝観できた。そこから京都ホテルへ戻り、山折哲雄先生と昼食。すっぽんの小鍋仕立てをいただく。いろいろな話が出た。

先生と別れてから奈良へ。興福寺中金堂をはじめて拝観する。その後、「正倉院展」へ。いつもながら、昔の人はすごいと感じた。

というわけで充実の旅。言うことなし。

September 16, 2018

9月16日(日)廣田神社と西宮神社の見学

昨日は関西出張。恒例になっている朝日カルチャーセンター芦屋教室での講座。今回は、「お経のひみつ」と題して話をした。

この機会を利用して、廣田神社と西宮神社に行くことにする。西宮神社は、もともとは廣田神社の末社。廣田神社は今調べている22社の一つ。西宮の駅に降り、行こうとしたら、バスが出たばかりで、タクシーで行く。二の鳥居のところに着くが、最近立て直された鳥居の寄進者の筆頭は、「金800万円 深見東州」とあった。どうも、地元らしい。

Sdim9468

廣田神社は最近では阪神タイガースが必勝祈願に訪れる神社として知られる。もともとは、神社の北にある甲山のふもとに鎮座していたらしい。たしかに甲山なら神体山になる。全体を見終わってから、参道を一の鳥居まで行き、そこから西宮神社をめざす。距離はかなりある。

西宮神社に近づくと、「西宮大神宮」と彫られた灯篭が。しかも、昭和40年代のもの。地元ではそのように呼ばれていたらしい。境内には、さまざまな摂末社があるが、社殿は震災で破壊され、それを再建したものらしい。

いろいろ面白かったが、そこから梅田へ出て京都へ。最後は「祇園かわもと」で。

September 10, 2018

9月10日(月)15日土曜日には朝日カルチャーセンター芦屋教室で「お経のひみつ」という講座を開く

毎年9月には、朝日カルチャーセンターの芦屋教室で講座を開くことが恒例になっている。今回は、15日土曜日に行われる。講座のテーマは、「お経のひみつ-般若心経から法華経まで」というもの。

3113sj10yl

内容は、「お経は、仏教の経典ですが、一般の人たちは葬儀の時のBGMとしか考えていないかもしれません。いったいお経とはどういうものなのでしょうか。そこには、仏教の教えのエッセンスが込められています。比較的身近な般若心経や法華経を取り上げることによって、お経の世界について学んでみます。今回の講座は、お経入門であり、仏教入門でもあります。」となる。

時間は13時から14時半まで。申し込みはここからできる。

お経は、一般には、葬儀のBGMくらいに思われているかもしれないが、そこでは仏教の思想が展開されている。今回は、大乗仏典を主に取り上げることにするが、それは高度な仏教思想の集積だ。それにどうアプローチすればいいのか。それを考えてみたい。

August 05, 2018

8月5日(日)SLに乗ってきた

8月2日から3日にかけて静岡へ行ってきた。ちょうど娘が合宿なので、その合間をぬってのこと。妻がSLに乗りたいというので、大井川鉄道まで行ってきた。

Sdim9294

静岡へ出て、金山で行き、新金谷でSLに載った。猛暑の日だが冷房はない。窓は全開だが、かなり暑かった。山奥へ行っても全然涼しくならないのが、今年の猛暑。帰りもSLでとは考えていたが、とても耐えれず、冷房のついた列車で帰る。宿は、三保の松原の羽衣ホテル。

翌朝は、近くを散策。

Sdim9366

夏なので、富士山はまったく見えなかった。


July 29, 2018

7月29日(日)台風の影響が懸念されるなか群馬県の太田で講演会をする

昨日は、群馬まで講演に行ってきた。場所は、太田市の瑞岩寺。台風の接近が心配されたが、とりあえず朝は小ぶりの雨。とちゅう、りょうもうという特急に乗って太田まで。太田駅の前には何もなく、タクシーを待って会場へ。

住職の長谷川師とは、先日講演会でお会いした。題目は、「葬式はいらない!?」というもので、骨のことからはじめて、墓や最近の葬儀の動向、東日本と西日本の収骨の違いについて話をした。

0

一時間半話をして、その後質疑応答。こうした話題は質問が多く出るが、やはり多くの人の手があがった。

帰りがけ、急に雨が降り出したのは台風のせいなのだろう。駅に着いたら、特急が言ったばかりで、久喜まで出て、湘南新宿ラインで帰った。台風の影響が心配されたが、なんとか無事に終わったよかった。


より以前の記事一覧

January 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31