無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

旅行・地域

January 08, 2020

1月8日(水)世田谷八幡宮に初詣

夕方散歩に出た。最初は考えていなかったが、地元の世田谷八幡に「初詣」をすることにした。

Dsc_0264

8日の夕方ということで、境内は閑散としていて、人もいない。拝殿の階段には、列を作るよう指示するテープが張られていたが、それをはがしている最中だった。

手水舎で手水をつかい、もちろん合掌で参拝。無事に初詣も終了した。

寺島靖国さんから電話。日曜日にミュージックバードの収録がある。「目の覚めるような音楽を」と言われてしまった。はて。

オーディオ哲学宗教談義のシーズン3、2回目のテープ起こしの原稿も来ている。徐々に世の中が動き出している。

 

 

December 28, 2019

12月28日(土)塩澤一洋さんの写真展とギンザコマツ三輪神社

午後から銀座へ。成蹊大学の塩澤一洋さんも出展している写真展に行く。軽井沢を題材としたもの。

Sdim1029

会場は、ギャラリーもあるカフェバー。たくさんのレコードが並んでいる。そのなかには、かつてのチケットも。

Sdim1033

昔は、チケットがこっていた。

ちょっとユニクロに寄ったら、小松ストアーにつがなっていて、屋上に神社を発見。三輪神社。三つ鳥居で、ご神体は磐座。昔、銀座の神社をすべて調査したが、そのときは発見できなかった。調べてみると、平成になってできたもの。道理で。しかし、磐座というのは神社の古いスタイル。それが銀座のど真ん中にあるのは面白い。

サウンドクリエイトにも寄り、グールドのハイレゾ音源を借りる。

 

 

December 26, 2019

12月26日(木)森鷗外が娘を安楽死させようとしたこと知り娘の終焉の地を訪れる

今、安楽死のことを調べていて、森鷗外のことにぶち当たった。よく知られるように、鷗外の「高瀬舟」は、安楽死を扱った作品だ。この作品については、本人が「高瀬舟縁起」という文章を書いていて、安楽死についての問題提起だったことが分かる。

調べてみると、鷗外は、娘の茉莉が幼い時、百日咳で苦しんでいるのをみかねて、安楽死させようとしたことがあった。注射で死に至らしめるという方法だ。それを義父が止めたという話で、実際のことについては、茉莉本人も含め、子どもたちが違うことを言っているのではっきりしないところがある。

もしそこで安楽死させたいたらどうなっていたのか。犯罪として問われた可能性もある。

これを無事生き延びた茉莉は、小説家ともなり、84歳まで生きた。そのことを調べていたら、亡くなったのが経堂だということが分かった。

Dsc_0175

そこで亡くなったというアパートまで出かけてみた。部屋は小さいようで、今は中国人が多く生活しているらしい。

調べていくと思わぬことに出くわすものだ。

December 09, 2019

12月9日(月)銀座のクリスマス

昨日は、妻と娘が歌舞伎座夜の部へ。それを迎えに行くため、夕方銀座へ向かう。銀座はクリスマスの気配。

Sdim0960 Sdim0955 Sdim0962

時間があったので、阪急メンズ館の7階にある「ギンザレコード」へ。はじめて。80年代から90年代の中古レコードとオーディオ。ワディアのデジタルアンプを聞かせてもらう。

店の方の話では、福袋として2020万円のオーディオセットが出るとのこと。事前にお披露目されるらしい。

 

December 04, 2019

12月4日(火)ヤマギシ会についてメキシコ人のジャーナリストに語る

『大和魂のゆくえ』の本、おわりにのところにまで来たが、最後をどうまとめていいか。そこが難しい。

昨日の午後は新宿へ。伊勢丹メンズ館のカフェで、東大の受田先生と、メキシコ人のジャーナリストの方などと懇談。話題はヤマギシ会について。

Dsc_0145

メキシコ人のジャーナリストの方は、サパティスタ民族解放軍という先住民運動とヤマギシ会の運動を比較したいとのことで、実顕地を回ってきたとのこと。

私が知っているヤマギシ会について、いろいろとお話をする。日本では現在、ヤマギシ会のことはさほど注目されていないが、1980年代から90年代にかけては大きく発展した。なぜそれが可能だったのか。またなぜその後衰退したのか。そこらあたりを説明した。

 

 

December 01, 2019

12月1日(日)大嘗宮の見学と東大本郷キャンパスのいちょう

大嘗祭の舞台になった大嘗宮が公開されるというので見に行った。天気もよく、土曜ということで、大変な人。

Sdim0897

内部が見られないので、実際にそれがどう使われたのかは分からないが、かなり建物としては立派。通り道がどうなっているかなど知りたいとは思ったが、詳しいことは遠くからではわからない。配電盤のようなものもあり、そこが現代的。昔の絵などと比較すると、相当違ったものになっているのが分かる。

Sdim0917

Sdim0925

昼食をとってから、もう一度列にならび、乾門の方へ行ってみたが、あまりに見られるところが少ないのにびっくり。門を抜けて北の丸公園へ行ったら、いちょうが黄色く色づいていて、そこから思いつき、東大の本郷キャンパスにも行ってみた。まだまだといったところ。

Sdim0946

一番見事な大きないちょうは、あと1週間くらいで見ごろになるだろうか。

 

November 29, 2019

11月29日(金)大田黒公園の紅葉ライトアップ

昨日は大学の授業が終わってから、大田黒公園へ行くことにした。紅葉のライトアップがある。

これまで知らなかったが、大学の北の方に、南善福寺というバスの停留所があり、そこから荻窪行きのバスが出ている。それに乗って荻窪駅へ行き、歩いて公園へ。数分の距離。

Dsc_00971

全体が紅葉しているわけではなく、緑も混じっているが、そこがかえっていい感じ。一番美しいのは、池に映っている紅葉。滋賀の彦根城で見たことがあるが、そのミニ版。都会で味わえるのだから、ありがたい。もちろん、無料。

Dsc_00721 

Dsc_00741

 

 

November 21, 2019

11月21日(木)幻冬舎新書『二十二社』の見本ができた

11月29日に刊行される幻冬舎新書『二十二社 朝廷が定めた格式ある神社22』の見本ができた。

Sdim0885

二十二社について関心を持ったのは、数年前のことで、幸いによく売れている監修本『日本の神社100選』では、冒頭にそれをもってきたりした。カルチャーセンターでも何度か話をした。

できた本は、293ページとかなりある。『なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか』よりも2ページだけ少ない。これで、定価880円。ずいぶんと価格が低く抑えられている。

二十二社について、まとまった形で述べた本はなかった。その点で意義のある本になったのではないかと思う。

November 10, 2019

11月10日(日)昭和記念公園やら三井の森公園などを散策

昨日は午前中、立川まで行き、朝日カルチャーセンター立川教室で講義。テーマは、「大嘗祭と天皇霊」というもの。前日に行った、「大嘗祭」の展示が役に立った。

終わってから、更科堀井で一杯やり、その後、昭和記念公園へ。まだ、紅葉とまではいかなかった。

Sdim0877

今日は、豊多摩高校へ。娘のバレーボールの試合を観戦するため。一試合勝ったが、次で負けて、それで終わり。

浜田山駅が最寄の駅なので、周辺を散策。

Dsc_0019

実は、高校三年のときにはじめて下宿したのが、この浜田山。もちろん、50年たって、下宿の家はなくなっている。三井の森公園をしばし散策。

 

November 03, 2019

11月3日(日)恒例の農大収穫祭に出かけた

昨日は、家のくさむしり。さぼっている分大変。すでに何回かに分けてやってきたが、今回は最後までやりきる。これですっきり。

昼には農大へ。恒例の収穫祭。

Sdim0836

いつものように相当の混雑で食べるのも大変だが、猪汁が一番おいしかった。

Sdim0839

こういうのが出るのがいかにも農大らしい。

Sdim0843

正門の近くに神社が。豊受大神を祀るらしいが、校舎の新築でここに移設されたらしい。初めて見た。

 

より以前の記事一覧

January 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31