無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

旅行・地域

September 25, 2017

9月25日(月)神道コンシェルジュ講座は伊勢神宮について

昨日は、江古田の「The MoN 〜桜月流〜」で神道コンシェルジュ講座の第6回目を開く。先月は、桜月流の公演がありできなかった。

Sdim0020_1

今回からは、伊勢神宮を扱う。その最初ということで、伊勢神宮についての簡単な説明と、それに関連する「古事記」を読んでいくので、その予備知識として、本居宣長の「古事記伝」などについてふれる。

「古事記」では、伊勢神宮の祭神、天照大神に関連した箇所を取り上げたが、果たして天照大神は、女神なのか。その点からして疑わしいということから話をはじめる。また、いったい天照大神のどこが尊いのか、人間に対して何をしてくれたかなど、普段疑問にも思わないようなことを取り上げる。

まだ伊勢神宮の話は続く。


September 20, 2017

9月20日(水)伊勢丹メンズ館14周年イベントに行く

昨日は、夜伊勢丹メンズ館の14周年イベントに行った。恒例のイベントで、ここのところ毎年呼んでいただいている。販売をしながらのイベントなので、日常の空間と非日常の空間が交錯するような形になっているが、徐々に、いろいろなものが増えている感じもする。


Sdim8384

8階へ行ったら、先日のサウンドクリエイトのトーク・セッションでお世話になった方がいた。今日は特別に来ているとのこと。そこには、30年前のLP12がおいてあったが、これは、今は鳴らないらしい。

Sdim8383


Sdim8388

タップダンスがあったり、謎の人物が徘徊していたり。


September 19, 2017

9月19日(火)新宿のサイエントロジー東京を見学した

昨日の敬老の日、新宿の百人町にあるサイエントロジーへ行ってきた。

Sdim8370

サイエントロジーのメンバーとは、20数年前に付き合いがあったが、そうした人物も今は海外にいるらしい。百人町の本部は2年前にできたということで、もちろん行くのははじめてだった。サンデーサービスということで、チャーチと呼ばれる場所で、創立者であるロン・ハバードの講話の朗読や、サイエントロジーのカウンセリングの核にあるオーディティングの基礎的なものを体験した。

講話のなかに、ARCという三角形が登場したが、そこで思いついたのが、チック・コリアのアルバム「ARC」のジャケット。チックはサイエントロジーのメンバーとして有名だ。オーディティングのやり取りも、チックがコンサートで「スペイン」の曲を演奏するとき、自分がピアノを弾いて、聴衆に歌で答えさせることがあるが、それに似ている気がした。

終わってからスタッフに聞いたら、チックとは知り合いだということで、彼が日本においてサイエントロジーを広めるうえで初期にはかなり重要な役割を果たしたということを教えてもらった。

プログラムが終わってから、館内をすべて案内してもらったが、アメリカの企業のオフィスのようでかなり洗練されたものだった。驚いたのは、かなりの人数の人が来て、オーディティングの実践をしていること。現在、初歩的な段階の会員が5万人ほどで、熱心な人間は1万人ということを聞いた。

今、新宗教は軒並み信者を減らしている。サイエントロジーは20数年前には、まだ1万人程度だったというから、かなり伸びていることになる。ほかに新宗教で伸びているのは真如苑だが、こちらも接心というカウンセリングが中心。どうやらカウンセリング型新宗教だけが伸びていく時代になっているのかもしれない。


September 15, 2017

9月15日(金)久しぶりの経堂散歩

久しぶりに散歩した。夏は暑いし、今年は雨ばかりだったので、そんなことをする気にもなれなかった。

Dsc_00791_2

そうしたら季節も変わっていて、遊歩道には彼岸花が咲いていた。

森繁通りの先まで行って、戻ってきたが、新しい店を発見した。たしか、『世田谷ライフ』に出ていたような。

Dsc_00801

一人でもOKと出ている。


September 12, 2017

9月12日(火)平井有太君やら天婦羅近藤での打ち上げやら人間国宝やらはやはり銀座

現在はひたすら『葬式は、要らない』2!のような本を書いていて、今日も一章分を書いた。

夕方は銀座へ。日比谷で日比谷線に乗り換えたら、平井有太君に声を掛けられ、一緒に銀座で降りた。時間がないので、本の立ち話。

その後、お目当ての天婦羅近藤の店へ。20数年ぶりかと思う。場所は変わっていて、地上から9階になり、店も大きくなっていた。外国人が多い。残念ながら近藤さんには揚げてもらえなかったが、それでも美味。やさいは甘いし、江戸前の天婦羅はうまい。

Sdim8367

これは、今度出る角川選書『日本の新宗教』の打ち上げ。食事がおわったのは、7時だったので、銀座6へ。地下2階のエノテカで軽くワインが飲めるので、そこで一杯。

途中、目の前を京舞井上流の人間国宝、井上八千代だんが歩いていかられたような気がしたが、たしかめてみると、地下三階が観世能楽堂になっている。きっとそこへ向かわれたのだろう。


September 03, 2017

9月3日(日)皇太子夫妻とニアミスの奈良は『源信』

昨日は新幹線で大阪へ。そこからJRで芦屋。朝日カルチャーセンターの芦屋教室で講義。これで6回目にもなるらしい。「神道とはどういう宗教なのか」ということで、聴衆は30人ほど。

終わってから、大阪まで戻り、鶴橋から近鉄線で奈良へ。駅に着いたら、たくさんの人だかり、皇族か有名人が来るようだが、とりあえず奈良国立博物館へ。後で調べたら、皇太子と皇太子妃だったらしい。

Sdim8354_2

奈良博では、1000年忌ということで『源信』。地獄と極楽の世界。地獄絵図や来迎図などはだいたい見ているが、全体でまとめてみると面白い。いかに源信の影響力があったのか。これは、鎌倉時代における浄土教信仰を考えるうえ重要な論点になる。

奈良まで戻って、京都へ。京都駅で駅弁を買うが、これが「たん弥」という店のもので、めっぽううまい。これまであまり京都駅で駅弁を買ったことがなかったのを後悔した。お土産はいつものように生湯葉。経堂で魚粋。日本産の松茸がお吸い物になっていた。

August 26, 2017

8月26日(土)森のビアガーデンで神宮の花火

昨日は、午後、芸術劇場で桜月流の「ミレニアム桃太郎」の公演を見た。初日に続いての2回目。だいぶしまってきている。


Photo


その後、おととい信濃町で見つけた「森のビアガーデン」に行ってみる。席が二種類あり、食べ放題飲み放題とアラカルトがある。はじめてなので、アラカルトで。鉄板が出てきて、そのうえで、ラムやらアンガス牛やら。野菜とともにいただく。

食べ物は高くはないが、飲み物、とくにビールがちょっと高い気がした。それでも、途中、神宮の花火がみられた。今年は花火ははじめて。近くで大きく見られるので、これはいい。

August 10, 2017

8月10日(木)銀座でいろいろ

昨日は猛暑の中、ヒルズで仕事をしたあと、銀座へ。まずは和光。高麗屋三代の展覧会を見る。現金太郎の書いた絵が面白かった。

Sdim8082

続いて、サウンドクリエイトのラウンジに行き、20日のイベントで使うパラゴンを視聴させたもらう。まだ、調整中のようだが、実際に聴いてみて、けっこう驚くようなことを知った。このスピーカーやはりただものではない。詳しくは8月20日のイベントで。


Sdim8087

最後は、銀座シックスへはじめて行く。蔦屋書店に寄って、ちょっと大きな買い物をする。これも届いてからのお楽しみ。

Sdim8089

最後は、久しぶりにリューゲへ。すいていて、タバコ臭くなくてよかった。


June 19, 2017

6月19日(月)宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の本当の詩碑が千歳烏山にあった

昨日は、娘のバレーボールの試合があるので、千歳烏山へ行った。試合と試合のあいまがあったので、近くを散策。千歳烏山の北には寺町が広がっている。それは知っていたが、はじめて訪れてみた。

20170618_131638

寺はどこも境内が広く立派。関東大震災の後に、都心からこちらへ移ってきて、寺町が形成されるようになったらしい。宗派もさまざま。たいていの寺が墓地を募集していた。なかに、法華宗の妙寿寺というところがあり、境内に、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の詩碑があるというのでのぞいたみた。

20170618_132248

これは、この有名な詩が書かれていた賢治の手帖にあったものを、そのまま移したもの。最後に、南無妙法蓮華経の曼荼羅も記されている。普通は削られる部分だが、妙寿寺では、そこに問題ありと感じ、本来のかたちを示そうとしたのであろう。面白いものを発見した。


May 06, 2017

5月6日(土)沖ノ島の世界遺産登録について

沖ノ島についてユネスコは、世界遺産への登録を勧告した。これがニュースになっている。

Sdim3860

ただ、「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」という形で、文化庁の側は登録をめざしていたものの、8件中4件は除外を勧告された。除外されたのは、三つに分かれた宗像大社や九州本土にある遺跡。この遺跡は、宗像大社の信仰を支えた宗像氏の存在を証明するものだとされている。

沖ノ島がいかに重要なところかは議論の余地がない。4世紀から10世紀にかけて、大和朝廷と思われる勢力がそこで祭祀を続け、それがそのまま残されていた。問題は、それが宗像大社なり、宗像氏とどう関連するか。ユネスコは、関係が薄いと判断したことになる。

沖ノ島の祭祀については、文献資料がない。だから、誰がどういった目的でそれを続けたかがわからない。その規模からすれば、とても宗像氏という土着の豪族が行っていたものとも思われない。そして、沖ノ島の祭祀と宗像大社の信仰の関係を証明することも難しい。

ユネスコの判断は間違っていないと思うが、そこには政治の力もかかわってくる。果たして巻き返しはなるのだろうか。正式な登録は7月だという。

より以前の記事一覧

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30